2017年07月10日

ラスボスは楽天カードマンみたいなやつなんだろうか

まだまだ続く積みゲー消化大戦。今度はGB-VCの「トレード&バトル カードヒーロー」を始めてみた。まだチュートリアルを完走して2話に入ったところまでしか進めていないので何ともアレだが、中々に面白いんじゃないだろうか。少なくともオリジナルのカードゲームでありながら非常に完成度が高いと思う。そして、自分が想像した以上にカードゲームした内容だったのねコレ。コトバトルみたいなやつだと思ってたよ。
カードが揃っていないうちはなんかびみょーという感じな上に物語がえらく年齢層を低いところに焦点当ててる感じだったので乗ろうにも乗れないまま進行していたのだがチュートリアルが終わって色々試せるようになったらかなり面白くなってきた感じ。頭を使う要素も多く、イラストも可愛らしい感じで、ルールも面白い。このレベルの作品がGBCで出ていたというのが末恐ろしいね。まあまだ最序盤なので最終的にはどうなるかは分からないけどこれは中々に楽しめそうだ。
ただ現時点で問題点もちらほら垣間見えるのが何とも。GBCでは限界があるのか処理がもさり気味であることと、ポケットモンスターよりも対象年齢を下げてるように見られかねない物語や空気感がちょっち引っかかる。ゲーム内容は任天堂らしく盤石かつ分かりやすく奥が深いとまさしく万人向けの仕上がりなのに子供向けバリバリ感を強く出しているのはどうも惜しく思えるのだけど……。この辺初代ポケモン、MOTHERシリーズみたく大人も子供もおねーさんもを意識してもらいたかったっす……。ポケモンは子供向けゲームの代表例だと思われてるし自分もそれは否定しないけれど、初代とかはむしろ大人を意識して作ってたというのをどこかで見たような……(どこで見たかは忘れてしまったが……)。後この手のカードゲームの宿命か先行絶対主義みたいな感じが出ちゃうのも……。運要素よりもどれだけ思考を重ねたかが効いてくるバランスはかなり素晴らしいのだけどそれだけに惜しいね……。

ところで主人公の名前が「ひろし」だけどこれは山内組長から来てるのかな。組長もいわっちも遠いところへ行ってしまったとなんか物凄く切なくなった。
_____

ガレッガは3回ほどやってみてランク調整をしくじったまま進行した結果が1クレ7面、ランク調整が上手く行ってるのに1クレ5面落ちや1クレ6面落ちが起こったりともう自分でもよく分からない。まさかこのゲームも桃薔薇みたくある程度はランク関係ないとか言い出さないよな……。いや、この有様を見るに問題はランク調整以外にあることは明白なのだが……。それはそれでひっじょーに厳しい。死因がどれもショボいのが原因なんだよなー。特に3面開幕でボロボロ死ぬのは自分でも不可解だ。あそこはいっそのことボムを撃たず稼がず進んだ方がいいのだろうか。なんというか余計に死ぬことが多いんだよねあの箇所。単に腕がないから余計に死んでいるということは稼がずに進行して行けばランクもエクステンドも上手いこと行くもんなんだろうか。うーむ。稼ぎを意識するからクソみたいなミスをしてげんなりしてプレイも雑になってそのまま死ぬということが多いだけに苦しいね。ガレッガは偏執的過ぎる稼ぎはいらんと思っているだけにあんま稼ぎに拘らんほうがいいのかしらん(勲章ループが偏執的と言えばそうなんだが……)
ダラ外は捕鯨ルート攻略を目指そうと決意を新たにちみちみプレイ回数を増やしていこうと画策してさっそくプレイするも長年苦手なものはいつまでたっても苦手であり具体的にはゾーンGで討ち死に。道中がいつも通るHと比べて極めて難しく、それでいてボスのアンコウも時間切れくらいしか対処の方法が見当たらん。ゾーンGではヤバいと思った瞬間に即ボムかましてピラニア面突入時にボム0になる勢いでいかんと自分の技量では無理って感じか。どうにもゲームが下手って悲しいな。となるとゾーンKで一度死ぬという戦術も考慮せんといかんかね。正直ピラニアとPシャコはノーボムで倒せたら偉人だと思うし。まずは鯨までたどり着くことを目標にしてみよう。
レイストームは1~4面は安定してきた。が、5面がどうにも……内部突入の箇所の凄まじい猛攻と、クレイジービットをどうすればいいのかが分からずボスまでもたどり着けない。PS版で練習がいるかな……
虫姫ふたりBLマニアックはパズルの解き損ね云々では無くただ単に実力のなさから1面ボスでお陀仏し1クレ3面が限界だった。だからこのゲームあんま好きじゃないんだよ!最大往生もそうだけど1ボスからして異様なゲーム力を求められるゲームってあんまよろしくないと思う。マニアックなのが原因なのか……
_____

ギンガフォースはチャプター7のボスに粉砕されたところまで。とんでもなく難しいが物語や演出、音楽が際立って素晴らしいのであんま不満はない。トレーニング完走で手に入れたホーミングウェーブショット(正確な名称はうろ覚え)がハチャメチャに強く挙動も面白いのでこれがとっかかりだと思うのだが果たして。にしてもナツキさんがめちゃ強いような……。こんなの勝てるの……?勝たないとシナリオ進行しないから何とかして倒すのはそうなんだけど「チャプター7で」この強さってのが……。ラストとかどうなっちまうんだ…?
桃薔薇は1.00に戻して、5ボスに残機5機持ち込むという奇跡を成し遂げる。というかようやく5面のエクステンドが取れるようになってきたよ!肝心の結果はなんと全機消滅で爆殺。勝てる気がしねえ。序盤にオプション失う失態をしでかした時点で希望は無かったのだがそれを差し引いても……。ランクがバカ上がりした影響もろに受けてダメージが通らんかったんかしら……。
どきどきポヤッチオはオミカン大騒動を無視して進行開始。あんま良い気はしないもののやっぱりこのゲームは細かいことを考え過ぎずに楽しむのが一番っぽい。と言うより自分が色々考え過ぎなのか……。まあまったりと進めることにしましょう。なんだかここ最近マリアさんの要求がどんどん上がってるような気がするけど……。
_____

・『ハコニワカンパニワークス』発売同日に操作性の向上などを含むアップデートパッチを配信
https://www.famitsu.com/news/201707/10137325.html

おおう……ちょっち調整が間に合わなかったのかな……。ピシッと決めていただきたかったです古谷D……。出来の方は何の不安もしていないんだけども。なんかファミ通の点数が妙な点数で物議を醸してるみたいですけど、まあホタルノニッキやロゼと黄昏の古城みたく分かりやすい面白さとはまた違った噛みしめるほどに味が出るタイプのゲームだとも思うしそんなもんじゃないっすかね。まあなんにせよ古谷Dが関わってるなら買ってやるのみです。ゲームとしては多少のアレさはあるけど自分にとっては間違いなく面白いゲームを作れる人なんで。

posted by グレイ at 20:52| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

7/3~7/9

なんかあと2週間くらいしたら期末試験らしいので今後アレな感じでアレしていきます。というか何で今年だけ試験期間が実質2週間だけど3週間もあるんだか……。この大学はホントに訳分からんよ。


・マイティガンヴォルトバースト
ハードでの2周目(ガンヴォルト)のクリアを達成。やはり面白いことは面白いのだが粗が多いというか楽しむまでのハードルが高いような気がする。決して悪いゲームでは無いんだが3周目をやりたいかと言われると……

・ヘルミーナとクルス
こちらは1周クリア。プレイ時間が短いのは何ともしがたいがそれを受け入れられるのならこれほど良質なアドベンチャーゲームもめったにない。素晴らしい完成度でほろりと泣かせる傑作でありました。暇を見つけて2周目3周目とプレイしていきたいなあ。

・ギンガフォース
イージーのチャプター5まで進行。エスカトスから更に洗練されているけれども難易度が上がっているのが何ともし難い。イージーが他のゲームのノーマルほどに思えてならない。俺が下手なだけなら無問題なんだけどエスカトスのイージーは普通に出来たからどうも……。武装の使い分けや演出面は文句なし。挫折しない程度に緩く続けますかね。

・エスカトス
ギンガフォースとの比較に起動。イージーもノーマルもクリアしてるのでハードでやってみたがホントにハードだった。1クレ7面で討ち死に。ムズすぎる。これはハードはやらなくていいかな……

・ぐわんげ
1クレで小雨ちゃんでACモード・青んげともに尼魏主最終形態まで。どうでもいいけど尼魏主一回戦でほむらの木をボム撃って撃破しちゃうとライフ回復もボムも出ないのね。とほほ。

・桃薔薇
1.00と1.01ともに1クレ5面まで。5面のカギは間違いなく屈折レーザーをボムで消せるか、大量の弾をちゃんと吸収できるか、破壊不可能弾を見切れるかにかかっているはずなのだがとにかく難しい。1.00も1.01もランク関係なく5面の根本的な難易度で苦戦しているのでどうにか突破したいところだが……。ランクを調整できる分1.01の方が楽だけど、ランク関係ないところで苦戦してる分1.00も1.01もそんな難易度に大きな差はないのかもしれないな。

・ガレッガ
1クレ7面開幕。にしても7面って弾が見難くねえ?1面はうんざりするほどの茶色だらけだったのに対して7面は鉛色が背景と同化していて認識出来ん。まあガレッガ最初期も弾が見えず1面すら越えられなかったことを思い返せば時間をかければなれるもんなのかしら……

・最大往生
1クレ4面ボス直前と大躍進。カギはチキンボムと分かったはいいもののチキンボム苦手な身からしたら辛いバランスだにょ……。とりあえずハイパーでのランク上昇分はボムと自害で帳消しに出来るっぽいのでボム乱射に命を懸けるしかないかなあ。大往生と違って頑張ってパターン組むより思考停止でボム投げ続けるのがクリアに近いのかもしれん。

・どきどきポヤッチオ
オミカンリセット事態以降起動していない有様。とりあえずオミカンのアレは気分悪いけど放置しておくとしてクリアを目指し、メモを取りつつ2周目を進める感じっすかね。スローライフ系ゲームかと思ったけどかなり考えることややるべきことが多く慌ただしいゲームだねこりゃ。ラブデ系RPGともガンパレードマーチともまた違う感じか。

・海腹川背旬
クリア出来てないので何とも。今現在は3面から21面へ飛び攻略するルートを模索中。21面は果てしなく難しい。いよいよもって動画を見てみるしかないか。うーむ。

・ストライカーズ1945Ⅱ
1クレ8面中ボス。何度やっても初見殺しレーザーに引っかかってるあたりいつまでたっても成長の無いボンクラっぷりがうかがえるね。

・虫姫ふたりBLマニアック
1クレ4面ボス直前。序盤でのボムミスが無ければいけるはずなんだが……。しかしエクステンドが遠すぎる。せめて3面でエクステンドしてくれよ。これはオリジナルでも思ったことだけど。エクステンド調整だけを見れば虫姫ふたりはダメゲーに足突っ込んでる節がある。むー。大往生ケツイらへんのバランスを見習ってもらいたいもんです。その二つもとりわけ優れてるわけじゃないんだけど……

・ダラ外
捕鯨ルートに向かうもチキンボム誤発に加えアンコウやピラニアで死屍累々で無残な有様。SELFのボス登場シーンも見れなかったのでガッカリちゃん。悲しいぜ……

・スーパーミートボーイ
ワールド1をクリアしてみた。ジャンプアクションゲーの中では極めて完成度が高いんじゃなかろうか。難易度がすげえ高いので途中で挫折する未来も見えなくもないが……。しかしアイザックよりマイルドになってるとはいえ作風が変わりませんねえ(苦笑

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

超肉男

しつこく続くよ積みゲープレイ。今度は360でスーパーミートボーイをプレイしてみた。これほど完成度の高い2Dジャンプアクションゲームは史上まれに見るほどであまりにも素晴らしいんじゃないかと思った。完。


……これではあまりにもあんまりだよなあ。でも非常に良く出来てる2Dジャンプアクション以外の言葉が出てこないのよね。ゲーム的に目新しい要素も無く、アイザックの伝説のように暗黒染みた要素があるわけでも無い。褒めるところは無数にあるけれどもそれを書き連ねても何とも、ねえ。例えば高難易度だけどちゃんとトライ&エラーを繰り返すことで突破可能な巧みな難易度調整だとか、サクサク死んでサクサククリア出来るからテンポ抜群とか、トライ&エラーゲームお約束のリトライが一瞬でサクサク再挑戦出来るとか、操作性が小気味よくそれでいて慣性が多少効いてるので上手く操作出来た時の安心感爽快感が半端じゃないとか、音楽が極めて素晴らしい出来でノリノリだとか、ゲーム中のデモがイカしてるとか、相変わらず血がべちゃべちゃ出るような作風なのなとか(今作を作ったスタッフがあのアイザックの伝説を作ってる)、軽く挙げてもこんな感じで評価点はいっぱいあるのだけどそれをまとめると「完成度の高い2Dジャンプアクションです」で終わっちゃうんすよね。ああ、物凄く良いゲームなんだよ。それはホント。今までやってきた死にゲーの中では1001spikesに匹敵するほどには素晴らしいステージの練り込み具合だと思う。音楽も素晴らしい限りで。
まあ今のところワールド1をクリアしただけなので書けることもこんなもんですかね。不安要素があるとしたら難易度がすげえ高いことだけど果たしてマリオ3をワールド2で投げた自分にクリアできるもんなのか……。一応トライ&エラーゲーで敵が出てくるわけでも無いから(もしかしたら今後出てくるのかもしれんけど(一応言っておくとボスは除く))まあちまちまと頑張るとしましょうかね。根気さえあればたぶんクリアに行けるタイプのゲームだと思うし。
_____

ギンガフォースはチャプター5を何とかクリア。しかしこれイージーでも凄い難しいよ。残機拡張システムを利用してなんとか先へ進めるって感じにめちゃ厳しい。一応敵配置を覚えての即破壊とかはやっているのだけど更なる暗記が必要みたいだ。エスカトスもそうなんだけど、ある程度のゲームスキルを求められると自分は途端に苦しくなるみたいだ。トライ&エラータイプや、パターン化や意識することの簡略化を行うかそういうゲームデザインじゃないと苦戦しがちなんだろう。自分が成長しなきゃいけないゲームはかなり苦手みたいだ。ギンガフォースはその辺ショップシステムのおかげで難しかったらポイントタメて装備を買え!という対処がある分親切だと思うけど、ポイント貯めるためには自分が成長する必要もあり、何度か挑戦することで一応下手なりに成長して突破も可能なので……となると何とも。演出面では文句のつけようがなく、奇想天外な攻撃パターンや敵パターンは完璧な出来だと思うのだけど……。この難易度では果たしてノーマルを攻略できるかどうか……。ハードは正直自分の腕では厳しいと思うので……
_____

桃薔薇はまたも例の如く5面オチ。一応1.01に戻してみたのだけど難しいもんはどっちの難易度でも難しい。対処は見えていると言えば見えているのだがそれを実行する腕がないということか。厳しいもんだ。あと小ボムが誤発する1.01よりも1.00の方が体感的には楽に感じる。1.00は敵の堅さがきついけど一応ここに至るまでのランク調整はよろしい感じだし。6面?知りませんね…(え?

ぐわんげは青版をやってみるも小雨ちゃんでまさかの命オチ。今回の敗因は尼魏主一回戦でボムを撃ち回復アイテムが取れなかったこと。あまりにもダサすぎる。そーれにしても源助と比べて厳しすぎる。うごごごご。クリアは近いと思うのだけど……。小雨ちゃんはお命頂戴!とか可愛らしいのだけど攻撃範囲がヘボちんだと思う。プレイングに技術が要るキャラは厳しいよー。
_____

・Nintendo Switchで発売される『Ittle Dew 2』のパッケージが公開!
https://ninten-switch.com/ittle-dew-2-package

これはゼルダのパロディゲーム…!というか続編出るのか!なんか2Dゼルダから風のタクトっぽく変わってるし。一応基本は2Dっぽい雰囲気あるけども。ふーむ。
_____

ってことで次回です。ホントはもう少しゲームが出来そうな未来はあったんだけど、なんか小課題を俺含めて誰も課題をやっていないんじゃなかろうかという不安感に苛まれて大慌てでやってたら時間が来ちゃって……。あんま人とコミュニケーション取りたくはないけどとりあえず連絡しておくか……

posted by グレイ at 21:21| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

銀河力/ヘルミーナ先生とホムンクルス

このままでは積みゲーの山に押しつぶされて圧死してしまう!ということでせっせと新たにゲームを始めてみることに。360ではキュートの「ギンガフォース」、PS2でガストの「ヘルミーナとクルス」をとりあえずプレイして、後者はクリアまで到達した。しかしそれにしてもPS2に入ったままのミスティックアークまぼろし劇場をしまうまでに20分もかかるとは……。積みゲーの山が多いというか、収集場所がないので空きスペースに積み重ねるという対処を取ってるとこうなるから怖いね。とほほ。積みの山を見ると罪の意識に襲われるし。ゲームを買ってもやらないんだったら意味ないよ。しかも物理積みゲー以外にもデジタル積みゲーが多いし。
話がそれてきた。一応現時点での印象はどちらも2017年プレイした中でのベストゲーに入りそうなほどに良く出来たゲームってところかな。
_____

まずはギンガフォースの方だけど、とりあえずイージーのチャプター4まではクリアして5の道中でぶち殺されたところまで。エスカトスとスタッフ同じな割にはまたエライ内容変えてきたなと言う感じですかね。エスカトスのテンポの良さと爽快感と既視感の無い奇想天外な攻撃パターンの数々と既視感が物凄い過去作へのオマージュ、そして唯一といってもいい難点のダイナミックな視点はそのままと言えばそのままなんだけど、ゲームの作りが根本的に違う。1面からラストまで通しでプレイするタイプのゲームでは無くチャプターごとに攻略していくシステムやショップによる自機強化など純然たる家庭用STGを目指して作られた感じだね。この手のゲームだとダライアスバースト、同CSがあるけれども、それと遜色のない、一部ではそれをも上回る完成度の高さなんじゃなかろうか。STGはかなり奇妙なジャンルで、アーケードで覇権を取ったは良いけど家庭用への調整と言うか、家庭用に向けて作られたSTGはえらく少ない(思い浮かぶのはケツイデスレーベルと上記のダラバー位。後はやったことないけど共闘要素のあるオトメディウスとか?)という特徴があると思うのだけど今作は数少ない家庭用STGと言えると思う。これほどの完成度を持つアーケードスタイルのゲームでは無いSTGはダラバーCSのCSモードしか思い浮かばない。
特に優れているのがストーリーと演出。これが素晴らしい。ちゃんとキャラの掛け合いがゲーム内容とマッチしているし、機能的に作用していると思う。キャラは立ってるし展開はアツいし先は気になるしで上手いことプレイヤーのモチベーションを上げる要素になってるんじゃないかな。基本的にSTGは設定を緻密につくりこみ、その背景で語りなんとなく察しろみたいな感じのゲームが多いけど(タイトーのほぼ全てとか斑鳩とか)、こういった分かりやすくアツいゲームもあっていいもんだろう。ちゃんと用語の説明も見ることが出来たりキャラのプロフィールも見れるので思い入れを深めつつゲームに没頭できる作りが中々イカしてるね。ステージ中のミッションを達成したかでストーリーが分岐する(もしかしたら俺の思い違いの可能性もあるけど)のも非常に良いと思う。
ゲーム内容はほぼエスカトスの魅力そのまま引き継ぎ更に洗練されてるし、そこに加えてギミックが大幅に増して飽きさせることがない作りになっているのは非常にGood。また武装の調整で攻略が変わったりするのも面白く、ステージにかみ合う装備で攻略したりするのも非常に面白いと思う。音楽もエスカトス同様アツい曲が揃っていて素晴らしい。
難点はエスカトスよりもやけに難易度が上がっていることか……。エスカトスは自機が異様に強かったけども、今作はショップシステムの都合上最初の頃は自機がえらく弱く、ステージの攻略に苦戦しがち。ハードが難しいのは別にいいんだけどまさかイージーですらかなりの難易度だとは思わなかった。ノーマルは何度かやってるけどまだチャプター1もクリアしてない。集中ショットと拡散ショット同時に撃てるのは素晴らしいと思うけども、ショットのエナジー切れの要素はいらんのじゃないかーとも思えるし。この辺は好みの問題かもしれないけど……。あと装備の試し撃ちみたいなのが出来ないのは極めて不可解。絶対必要だと思うが……
とまあちらほら難点は見えるけども面白いことは間違いないので時間を見つけては取り組むことにするとしましょう。音楽良いし。
_____

ヘルミーナとクルスの方は短いという噂を聞いたのでプレイしたのだけど(こんな理由でプレイするの嫌だな……)、まさか4時間くらいでクリア可能とは流石に思ってもいなかった。うーむ予想外すぎる。
一応言っておくと今作はリリーのアトリエの外伝的作品でありアトリエシリーズの1作である。のだが、知名度的には非常に低いと思う。理由はサッパリ分からないが、今作が唯一のADVであるからか、もしくはそのプレイ時間の短さ故か……
今作はADVであるが方向性としてはコミュニケーションアドベンチャーゲームである。これだけだと何も分からないかもしれないが、そんな感じのゲームなのだ。主人公であるホムンクルスのクルスは初めは何も知識を持たない状態であり、ヒロインであり生みの親であるヘルミーナと会話していくことで知識を身に着けシナリオが進行していく、というものだ。ゲームの流れは一日の間に街をうろつきキャラクターと会話したりイベントを見たりしつつ「言葉」を覚え、一日の終わりにヘルミーナと覚えた言葉で会話をして仲を深めるというもの。割とありそうでなかったゲームな気がする。言葉を集めてそれで会話するADVと言えばノエルだけど(思い返せば積んでるな……)、それに比べればべらぼうに敷居は下がっていて分かりやすい。ヘルミーナと会話して言葉を覚えることもあるのがポイントで、投げかける言葉を色々と考えたりとそういった要素もあり中々に楽しい。
ガストゲーの一作であるために今作もキャラが非常に可愛らしく魅力的。嫌味な萌え要素や露骨な媚び要素の類も1周した限りでは感じられなかった。特に秀逸なのが一枚絵。これが素晴らしい。絵本のような感じで描かれていて引き込まれるし印象的。ヘルミーナがクルスをギュッとするシーンなんかキュンとしたからね。後半同じシーンでは涙がこぼれたし。
このゲームで最も優れているのはシナリオだろう。いやもう素晴らしいね。よもやこれほど短い時間でこれほど感情移入して泣くはめになるとは思ってもいなかったよ。感動させるためのシナリオの組み立て方が非常に上手い作品だと思う。何を言ってもネタバレになるし、それに4時間くらいでエンディング見れるのだからあえて言わないけど、なんでこれが隠れたゲーム扱いされているのか分からないほどに感動したよ。シナリオの出来なら今年一番といってもいいかもしれない。これと同クオリティのシナリオに今作と同じくらいのプレイ時間で涙を流すほど感動できる作品に今後出会えるとも思えない。
難点は4時間で1周出来るし、会話をボイス聴かずスキップしまくれば1時間程度で終わるんじゃないだろうかというボリュームをどう見るか、かな。積みの山を抱えた自分からしたらめちゃありがたい仕様だったんだけど、果たしてガストファン及びアトリエファンを納得させることは出来たのだろうか。アトリエ作品でありながら調合の類もないし。作品のテーマとして錬金術とは何か、命とは何か、生きるとは何かとかそういうところまで組み込んで上手くまとめあげて切ないシナリオ組み立てたのは素晴らしいのだが。リリーのアトリエの外伝作ということもありリリーの知識がある程度いるというのもどうなんだろう。リリーやってない身からすればあんまやってなくても問題なく、やってれば更に面白いという作品ではあると思うのだけど。これやってリリーやりたくなったし。

あとはイングリド先生とヘルミーナ先生の若い頃はこんなに可愛らしいのになぜマリーでは…なぜエリーでは…みたいなショックを受ける可能性が2割位ありそうなのが何とも……。個人的には更にヘルミーナ先生とイングリド先生に好感を持ったので良かったんだけどね。ただ先生の姿を知ってる状態で最初に見ると面喰うよね……。マリーとエリーをやり込んだ身からするとね……。人間老いには勝てんという残酷な事実を思い知ったよ……。置い以外にも気苦労が関係していそうだけど……。お疲れさまです……

で、2周目はどうしよう。分岐がかなり複雑な気がするし攻略見た方が良い気がするけど攻略見たらそれはそれで感動できるかが怪しくなりそうだし……。積みゲーの山も多いし……。困ったもんだ。
_____

桃薔薇1.00はまたも5面に到達だが今回は道中の猛攻に屈して負け。何ともまあ情けないもんです。というかやっぱり弾の量が多すぎるよ。弾幕STGにおいて危険な弾以外は無視して大丈夫と言うのが通例だと思うけど桃薔薇の場合無視できる弾は無くすべてが本気でこちらを殺しにかかってくるから凄いよ。こんな滅茶苦茶なゲーム今までなかった。天下のガレッガもここまでの殺意に満ちた弾の飛ばし方はしてこなかったし。だからこそ燃えるってもんですよ。自機が滅茶苦茶強いからここまでやられても理不尽とは思えないし。理不尽と思えるのはなんだかんだ7面中ボスくらいだと思うし。ちみちみ頑張りますかね……
_____

・ガルチ10周年を記念した「カヤック×ガルチ新規プロジェクト」始動!
http://gulti.co.jp/news/170707_a.html

多分これ見た人全員が思ったことでしょうけど、それでもこう書かせてもらいましょう。
これなんて雷電?
_____

・“純血種”ながらも軽快操作な魔界アクションゲーム『マルディタカスティーラ』
http://www.moguragames.com/entry/maldita-castilla-steam-indiegame/

やっぱりこれは買いなタイトルですねえ……。バランスの調整は魔界とは違うらしいのでそこは不安だけどまあ買って確かめるとしますか。ところで3DS版は独自のエンジン構築して移植したとか。すげえ執念だ……

posted by グレイ at 22:00| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

生活記録

マイティガンヴォルトバーストガンヴォルトで2周目ハードのクリアを達成しちゃいました。結局後半はダメージ軽減0.25倍を使ってぬるいアクションと変更してプレイしていたのである意味敗北のクリアだがまあ2周もやったんでいい方でしょう。やっぱり今作、滅茶苦茶面白いけど滅茶苦茶荒いって感じの内容で素直に褒められる出来ではないです。ブラスターマスターゼロはその辺興味を持たせるストーリー展開やテンポの維持で多少の粗を気にすることなくゲームにハマることが出来たんだけど今作の場合はそうもいかない感じっす。カスタマイズは慣れると中々に楽しめるのは確かなんだけど恐ろしく人を選ぶし、探索要素は面白くないし、評価システムはやはりイマイチピンと来ないと言わざるを得ません。基本的なステージ構成やボスのパターンや攻撃方法とその熾烈ながらもやりごたえのある難易度はまさに一級品と言えるほどに面白いのだけど……。何とももったいないゲームだ。
3周目は…果たしてどうしましょうかね。あと残ってるものと言えばチャレンジを意識した攻略とかか。しかしチャレンジを意識してカスタマイズするの個人的にイマイチな感じで、バーストコンボを意識した立ち回りもあんまし…といった感じなのでここで打ち止めにしても良いのかも分からん。他に色々ゲーム積んでるし。
_____

桃薔薇1.00、なんとビックリ5ボスまで来れてしまった。と言ってもエブリ100万の話なんだけどね。たどり着いた要因はおそらく100万エブリによる残機がたまりにたまっていたということだろう。5面突入までノーミスだったしね。で、例の如く5面の物凄い猛攻を前にして残機がゴリゴリと削られボス突入時には残機1までに減らされていたんだが……。それはそれとして1.00も5面は意外と何とかなるというのが印象的だった。雑魚の硬さは破滅的に上昇しているのだがボム前提で立ち回るのなら5面は難易度的には大差ないみたいだ。すげー意外。それもまあ当然か。5面の難しさは暴力的な弾幕と高速で飛び交うレーザーが全てで、そこに対してボム撃って無力化、弾幕はしっかりボムチャージして吸収と対処が同じだしね。それに1.01は小ボムが暴発して立ち回ろうにも立ち回り損ねるって場面も幾度となくあるし。小ボムも強いことは強いんだけどなー。
_____

ガレッガは2回ほどやって1回目は何一つ良いところがなくて思わず捨てゲーをしてしまった。生まれてすみません。3面開幕で2度死んだ上に勲章落としたと同時にボム撃ってランクバカ上がり状況に追い込まれて何もかもが嫌になっちゃって……。こういったことがない全部避けろのピンクスゥイーツは割と良いゲームなのかもしれん。そうは思えないけど。2回目は一応復調して6面まで進行したものの中ボスでボムの判断を誤り2機死亡、その後後半で流れ弾に当たってそのまま終了してしまった。厳しいもんだにょ。
ストライカーズ1945Ⅱもどうにかこうにか調子を取り戻しつつある昨今。今回は8面の中ボスまでたどり着けた。ここで死んじゃったけど。初見殺しレーザーを撃ってくるのが何故に見切れないのかねーこのボンクラは。ボムの抱え死にを今回はしなかったものの道中で緊急ボンバーを連発しているせいで決めボムポイントでボムがないという珍事に追い込まれているのが敗因か。タメ撃ちを要所要所で使って意識することを減らしてボムを上手く溜め込むことしか解は無い感じか。後はまあ偶数弾と奇数弾の認識が出来るようになることだけどそれよりも流れ弾が怖いのよね……
_____

・『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』初回生産限定版の内容を公開
https://www.famitsu.com/news/201707/06137117.html

ぐおおおぉおお……ぬおぉおおおおぉお……発売日すぐには買うつもりはなかったのに、よもや真・女神転生と同Ⅱのサントラのリマスター版をつけてくるとは……ぐ、ぐぐううぅううううぅ……(苦悶の表情
CD一枚2000円と見れば2000*6=12000円の値段の上に特別ファンブックに加えてストレンジジャーニーのリメイクが付いてくるのはあまりにも安いと思う。がしかし18000円なんぞそうホイホイと右から左に出せるほど自分の懐具合はよろしくない。しかし、しかし真メガテンの、しかもSFCサントラのリマスターが付いてくるとなるとこんなの買わざるを得ないとしか言いようがない。自分がゲーム音楽に興味を持ったきっかけがロマサガだとするならば、のめり込みハマったきっかけはMOTHER2、ダライアス、真・女神転生Ⅱだし。しかもアレンジを担当される方も安心と信頼のお方々ばかりだし(岩田さんと並木さんが気になるね)。どうにかして貯金しておくことにしましょうかね……。出来ることならサントラ単品で販売してもらいたいところだが……。しかしストレンジジャーニー買ったとしてちゃんとクリア出来るんだろうか…?一応DS版は割とやった記憶はあるんだけどエンディング見たか記憶がなくて……
_____

・浮遊感のあるコーナリングが絶妙に気持ちいい8bitワイプアウト風レーシング『VEKTOR 2089』
https://www.famitsu.com/news/201707/07137188.html

面白そうなのでちょっくらタイトル覚えておくことにしよう。
_____

・マニアックマンションの開発者が手掛ける『Thimbleweed Park』がNintendo Switchで発売へ!
https://ninten-switch.com/thimbleweed-park-announcement

マニアックマンションを知らんけどこの雰囲気は面白そうなのでこれも記憶かな……
_____

・スプラトゥーン2の新情報が続々と公開!ホライゾンゼロドーンに新モードが追加!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/splatoon2-horizonzerodawn.html

『電車でGO! PLUG & PLAY』マスコン型コントローラをテレビに直接つないで遊べる最新作が登場!
あの「電車でGO!」が家庭用でも復活!2004年に発売されたPS2「電車でGO!FINAL」のHDリマスター版で、マスコン型コントローラに内蔵しているそうです。
あっそーなのか。そうなんだ。うむ。ふむ。でもリマスターの効果は大きそうな気がするしこれはこれでいいのかな。


posted by グレイ at 22:00| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

生活記録

レポート課題は残り一つまで消化。いやはや何ともしんどかった。土日ともに何も考えることなく過ごせるのは本当に久しぶりだ。一日くらいはゲームをやり狂ってゲーム死するのも良いのかも。いひひ。
_____

マイティガンヴォルトバーストはとりあえず8ボスを倒したところまで進行。ハードにしても難易度はそこまで変化なく、難しいことは難しいが不可能じゃないしむしろ1周していることから考えても結構サクサク進める感じの調整でSランクも取りやすいからこの先の展開も大丈夫だろう。サクッとクリアしてみよう。そう思っていた時期が俺にも(ry
いやーなんというか面喰ったね。まさか8ボス後のステージで15機も消し飛ばすことになろうとは。無論評価はD。急に難易度が上がったような気がする。ここから難しくなっていく感じなんだろうか。あとチャレンジはチャレンジでこちらも絶望感強い気が。鬼神インティクリエイツは健在か。くー。クリア出来るもんなんだろうか……。チャレンジ全制覇の夢もちょろっと考えたけどとてもじゃないがそんなこと出来そうにないな……

海腹川背の方は5面から25面に飛ぶルートでは結局自分の腕前だと魔の24面を通らなければならないことが発覚してやる気大減少。しかし7面から14面に飛ぶ方法では24面を回避できるみたいなのでちょっくら頑張って進めてみた。何とか14面に到達し一安心。しかしその次の15面が……嗚呼、何とも厳しい……。カギは振り子が上手く作れるかどうかという時点で既に厳しいが、それでも解法すら見いだせなかった24面と比べればドジョウに気を付け振り子を極めれば先が見える予感があるのでしばらくはここを練習しときますかね……。

どきポヤはチェインからオミカン10個渡して作ってもらったアイテムをもらうもこれを誰に渡していいか分からず、とりあえずマリアさんに聞いてみるかーと渡してみたらイベントアイテム消失したので思わずリセットしてしまった。うーむかなりピンチだ。これ誰からの依頼だっけ…?このイベントを放置して進めた方がいいのかも……。2周目からはちゃんとメモを取ろう……
_____

ぐわんげは小雨ちゃんを使用して6面へ。しかし源助と異なり広範囲を攻撃出来ないデメリットがあまりにも大きく響き、更には鬼ごっこ地帯で凡死し、尼魏主一回戦でまさかの死亡を遂げるなどまるでいいところなし。辛うじて尼魏主最終形態までたどり着くも勝てるわけねーよみたいな速さで殺されてしまった。何とも厳しい。弾避け能力が終わってる身からすると速度が速い小雨ちゃんは合わんのかー?シシンの方に乗り換えた方がいいんだろうか。
桃薔薇は1.01から1.00に戻してみた。戻した理由は気分というしょーもないもの。戻してみて思ったのは、1.01をアーケードで出していればもう少しこのゲームに対する心証は良くなったんじゃないだろうかという感じだった。敵が硬い!硬いよ!あと復帰のし難さはやっぱりダメだと思う。エクステンドアイテム見逃しが正解ってのも……。結局4面中ボスその2に押しつぶされて死んでしまったのだが、エブリ100万なら何とかなる気がしないでもないのでしばらくはこれをやって、無理だーと思ったら1.01に戻してみよう。こんなプレイではいつまでたっても上手くなる気がしないが……
_____

ガレッガは1クレ5面ハート様直前で死亡と大失態。ランク調整はミスった記憶はないが、奇妙な動きと自殺ポイント以外での死亡があまりにも多いことが敗因か。というか、死亡ポイント何ぞ作る必要がないのはそうなんだけど、流石に連続被弾はしちゃダメだろーと強く思う。2面ボス→3面開幕の間で3機失うってどれだけ腕ねーんだよみたいな。
虫姫ふたりBLマニアックはパズルの解き損ねで1機失うも4面ボス直前まで。やっぱりこのゲーム序盤の難易度がバカみたいに高いと思う。逆に4面以降は弾消しパズル要素に加えて暴力的に自機の攻撃範囲が広がってるから弾避けする必要が無く、剛速球を見切れるか否かにかかってくるし。自機の火力が中途半端なせいで弾消しパズルの解き方がアバウトだと即死する上に1面から既に緻密な弾避けを行わなければいけないという意味でもハードルが高すぎる。悪いゲームでは無いんだけどやっぱり厳しいゲームだみょ。
_____

何気なくようつべを見ていたらシルバニアファミリー2のBGM動画が…!死ぬほどマイナーなゲームながらもゲームの出来が良く更に音楽も非常に良い作品だったので喜ばしい限り。シリーズの中ではバカゲー風味漂う初代とクリアするのに10年以上かかった2しか知らんのだけど、いつかは評価の高いナツメ製のリズムゲームのやつとか3がやってみたいけどハードオフに売ってないにょ……
https://www.youtube.com/watch?v=VzEpUzJJaBE
ぼうけんじまの音楽はいつ聴いても素敵だ(動画内BGM #18)。
ところでこのゲーム作ったスタッフって今何しているのだろう。特に企画・シナリオ・ディレクター・音楽を担当された「ひらの たかひさ」氏。これほどの作品と音楽を作れるのならどこかで名声を挙げててもおかしくないんだけど……
_____

・FC/FC互換機用ソフト『NEO平安京エイリアン』が2017年8月下旬に発売決定!
https://ninten-switch.com/neo-alien-announcement

マジで!?思い返せば今年一発目に当たりを引いたと感じた面白ゲーはGB版平安京エイリアンだった。これは何かの運命何だろうか……。製作チームは8bit music powerスタッフと中潟さんらが担当するみたいね。キラキラスターナイトDXは極めて良く出来て凄まじいゲームでいながらも分かりやすい面白さにちと欠けてた印象があるので、平安京エイリアンの持つ魅力を超技術で昇華させてくれると嬉しいところだなあ。しかし主人公は検非違使じゃないのかよ!?それでいいのか……?
_____

・PSVitaで発売された『プリンセスは金の亡者 (Penny-Punching Princess)』がNintendo Switchで発売決定!
https://ninten-switch.com/penny-punching-princess-announcement-trailer
・PSVitaで発売された『世界一長い5分間 (The Longest Five Minutes)』がNintendo Switchで発売決定!
https://ninten-switch.com/the-longest-five-minutes-overview-trailer

日本一はスイッチにやる気あり、かな。Vitaのスペック的に厳しいものがあるからスイッチがその枠に入れるかを品定めしている感じなのかな。うーむ。プリンセスは金の亡者はちょいと気になるけどVita版を買っても良いので買わんような気がするけど、どないしようかね。古谷D作品が出るなら即買っても良いんだけど……。古谷Dはその辺どんな予定なんでしょ。
_____

・『電車でGO! PLUG & PLAY』マスコン型コントローラをテレビに直接つないで遊べる最新作が登場!
https://www.famitsu.com/news/201707/06137018.html

おおお!凄い!こういう形で新作(だよね?)を出してくるとは予想もしなんだ。タイトーは素晴らしいな。後はJAMが復活するかどうか、ってところですかな。
_____

・【ゲームジャンル別総選挙 第7回】シューティングゲーム総選挙結果発表! 頂点に立ったのは、あの……!
https://www.famitsu.com/news/201707/06136532.html

もうみんな知ってるけど結果が出たので改めて紹介しときましょ。ゴ魔乙が一位で非常に喜ばしい限りですよ。ケイブがこれまでACやアプリで蓄積したものがこうしてしっかりと評価されて新規のファン層を獲得していることは本当に良いことです。むしろ斑鳩2位の方が驚きだったり。達人王は……
_____

・『ナムコミュージアム』Nintendo Switch版に収録される全11タイトルを紹介
https://www.famitsu.com/news/201707/06136704.html

1人では遊ぶことが出来ないパックマンvs.収録だとッ!そりゃスイッチと相性はめちゃ良いけど非常に予想外。今作も「一人じゃ遊べねえよバカ」とか書かれているんだろうか(書かれてません
_____

・【新連載:新世代に訊く】 『ポケモン』新作は“攻略”を検索される前提? ゲームフリークの伝説を受け継ぐ若きディレクター達 【大森 滋氏・尾上 将之氏インタビュー】
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/170703

ああよかった。自分がサンムーンで感じた評価点はスタッフがちゃんと考え抜かれて採用されたものだったのか。俺の脳が狂ってるんじゃなくて一安心。ゲームフリークのゲームフリークたる職人気質な部分はまだ健在で、ちゃんと考えてゲーム作ってることが確かめられて良かったよ。ホントのこと言うと、ポケモンの流れを原点近くまで戻してそこから作り直すにしては、ポケットモンスターという概念の破壊が足りていないと思い、あんな中途半端な形でポケモンリーグを導入したりとかそういうことはしてもらいたくなかったという思いもあり。これはまあ自分がサンムーンに望んだことはポケットモンスターの完全破壊であり、全てを破壊しつくして新たな面白さを提供してくれることを望んでいたのだけど……。これだけ歴史を積み重ねちゃうとそういう大胆な転換も厳しいか。
気になるのはポケモンを主役にしたゲームに出来ないかということはそれはもうゲームをプレイして大いに感じ取れたのだけど、その割には図鑑説明はもう少しどうにかならんとかと思う。口コミについてもただそれだけのために生み出されたようなナリヤ・オーキドのようなもっとやりようはあったと思うのに……と思うキャラもいるのが何ともしがたいところ。難易度調整に関してはXYのような大失態からよくぞここまで改善させたと思えるほどであり、それが意図されたバランスだったのはホントに喜ばしい限りだった。ただ、そういったことは過去作でも既に取り入れられているから取り立てて騒ぐことでもないと思ったりもする。初代のマチス戦前のディグダの穴の存在や金銀クリスタルのアカネ戦前のきんにくみたいに分かりやすいものもあるし、補助技を使ったり技マシンを使うことでの対処も十分に考えることが可能です。あとは物理と特殊の兼ね合いもありますか。そういう試行錯誤次第でジムリーダや敵組織の幹部、つまりはRPGにおけるボスは普通に倒せるんすよね。ただ、そこにすらたどり着けないプレイヤーも一定数いると思うと今回の調整は良く出来た方…なんだろうか。テンポを意識した結果、従来作品で存在した自由さが一部失われていることに対しては…これも良し悪しか。
ただ、それだけ考え抜かれて作られているけれども、製作時間が短いことが原因か、もしくは狙って取り入れているのか分からないが、出来が非常に荒いのがあまりにも惜しく、そして悲しい。時間さえかければ間違いなく文句なしの傑作になったのに……という場面があまりにも多い。自分はポケモンの新作であれば5年くらいかけてじっくり作っても良いと思ってる。それだけに、1年1年で粗を残した作品をポンポンと出していくゲームフリークの姿勢が見ていて辛い。BW2までの全ての本編は心から楽しく疑問符を浮かべることは無いものだったのに、XYからプレイ中疑問符が浮かびまくり欠点が垣間見え、客観的に評価するなら良作間違いなしだけどこれでいいの?と思えてしまうものだった。サンムーンはだいぶ持ち直したと思うけどそれでもまだ文句なく褒めたたえる出来では無かったし。
しかし、それにしても虚しいね。今回のインタビューを見てゲームフリークはしっかりと芯の部分を残しつつも変化している、変化を恐れない、時代に柔軟に対応し支持されるゲーム製作に取り組んでいることが分かりそれは本当に嬉しいことだった。ここまでゲームの面白さを考え抜いてゲーム作るところなんてのは少ないと思うし、そういった会社の代表シリーズが自分のゲーム人生においても大きな位置を占めることは誇りに思えることですらある。あまりにも悲しいのは、自分は変化に対応できず淘汰された人間であったという明解な事実。よもやここまでポケモンから心が離れることがあろうとはね。ホントに。言葉も見当たらないよ。ウルトラサンムーンに対する期待は無く、あるのはただ「今度こそ」「本当に」「面白い作品であってほしい」という願いのみ。何でもいいからとにかく本編クリアするまで文句が出てこないような作品であってほしいところです……。どうにかゲームフリークには頑張っていただきたいと思うばかりである。何とも無責任な応援だが。
ああっと、ゴチャゴチャと長々と言ってしまったけどこの意見は脳が腐り心が死んでいるイカレゲーオタのクレイジークレームでありそういう意見は得てして何一つ当てにならないのでサンムーンやっていない方がいましたら3DSのRPGとしては盤石の出来かと思われますんでどうぞ。このインタビュー自体も非常に見所のある素晴らしいインタビュー記事ですよ。
それはそうとポケモン以外の話も見どころが多いね。まさか大森Dがあの焼肉奉行を作っていたとは……。尾上さんはパオーンにも関わっておられたとは。うーむ。

posted by グレイ at 22:15| Comment(2) | 雑記 | 更新情報をチェックする