2018年01月05日

生活記録

シレンGB2を生きた心地がしないまま進行中。現在49Fで目回し大根の混乱草を直撃してどうしたもんかなーと頭を悩ましている最中。というか、混乱避けの腕輪があるのにも関わらず装備し忘れていたとか間抜けにもほどがある。でも、そもそもここまで来るのにも深い理由もあったんです。というか、33F辺りから餓死しかけててドラゴン草敵もいないのに飲んだり睡眠草食ったりと滅茶苦茶になりつつ高跳びと階段即降りで行けるところまで行けないもんかと思いつつ全てのアイテムを出し惜しみせず乱射しまくってようやくおにぎり取得で何とか立ち回りを回復したところなんです。正直もう1回死んでるようなもんだったんです。だからここまで来れただけでも御の字だと。アイテムはまだまだ不足気味というか、途中で役に立つアイテムをほぼ使い切っているのでこの先が極めて不安なわけで。一応やるだけやってみようとは思っているんですけど。
それはそうとあたらずの腕輪+転び石でアイテム回収が出来るというのを試してみたらホントに出来て驚愕。このゲームホントにテクニックが様々あるな……。しかし本来ならこれを祝福カズラが出るところでやるべきだったんだろうなあ。盾とかマジで弱いんだけど渡り切れるんだろうか?不安で仕方がない。あとカッパ系のギタン投げも怖くて仕方がない。マジでこのゲーム恐ろしい。シレンGBの時はここまで恐怖におびえることはなかったんだけどなーというかあれはトド狩りに成功したからか……。こっちは今のところ序盤に悪魔暴君によるレベルアップに成功しただけでその分はチャラになった感満載だしなあ。ホントにこれ行けるのかよ……
_____

ロマサガ2はとりあえずクジンシーをぶち倒してジェラール皇帝を操作してあれやこれややっていくかーという段階。果敢にゼラチナスマターに戦いを挑んでみたが現段階では無謀に思えたのでとりあえずディープワン道場に入門してベア様がスパイラルパリイとか閃いているけれど、まだまだ先は長いと思うばかりであります。しかしスイッチ版というか再リマスター版ってキャットのイベントの際の無限増殖が出来なくなってるのはそうだけどマップ構造自体大きく変わってるのか?Vita版の記憶が既におぼろなのでアレだが見た瞬間に「こんなんだっけ?」と思ってしまった。SFC版では出来た記憶がある日中戦い続けるキャットの雄姿も拝めなくなってるし。細かいところでバグ消されてるのかねー。時を超えて戦い続ける格闘家バグは残ってるんだろうな……。確かこれはVita版でもあったような記憶があるが……。やらないか道場も生き残っててほしいところだが……。というかあれがなけりゃ苦戦必須やで……
_____

The end is nighが一旦の終わりを迎えたのでペネロペに本腰を入れてプレイ中。とりあえず中級のコースを終わらせてみたけどすげえ奇妙なゲームだなこりゃ…。レースでありながらイカサマ染みたことも利用していいし(テレポートでのショートカットとか)、それ前提のバランスでまとまってる。かと思いきやボスステージではSTGに豹変したりもする。特にミノタウロスの惑星(だっけな)はもはやSTGとしか言いようがなく、レースゲームをやってるんだかSTGをやってるんだか訳が分からなくなってくる。それでいながら手ごたえはレースゲームのそれでもありともう何が何だか訳が分からん。分からんが非常に面白い。よーこんなわけ分からんゲーム作り上げたもんだよ…。
しかし難易度が妙に高いのが気になる…というかかなり厳しい難易度の気がする。俺がまだゲームになれてないだけど思いたいところだが、ボスよりもレースが既に太刀打ちできないよ……。車体コントロールをしっかりやった方が良いのか、それとも車体コントロールよりも敵を蹴散らすことを念頭に動いた方が良いのか、はたまたテレポートを上手く使うべきなのか。選択肢が増えてきて分からん。とりあえずしばらくは試行錯誤してみるか……
_____

・『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』 テレビアニメが2018年に2クールでの放送決定!
https://www.famitsu.com/news/201801/05149360.html

えええええええ……。去年初回特典のPC98版をやっただけの人間があれこれ言うのも間違ってる気がするけど、これはちょっと……。菅野ひろゆきさんに許可もとらずに(取れないけど)こんな展開してもいいのかよ……。ゲームでしか出来ないシナリオとゲームでしか出来ないゲームデザインを成し遂げた数少ない作品の冒涜にあたるんじゃねえのこれ……。世が世なら暴動でも起きそうだけど、そんな空気は微塵も流れてない辺り、そもそもYU-NO自体が全く知られていないという可能性すらあるわけか……。それにしても、普段アニメ一切見ないにも関わらず、これほど虚しくなるアニメ化の知らせを見るのは初めてかもしれないな。あまりにもやるせないから今度サターン版でも買ってくるか…。あーそれにしても虚しいね。お前がこのゲームから感じ取った面白さは、ただの幻想に過ぎないんだよバーカと言われたような気分だ。
_____

・PS4/Steamで発売されたBirthdays the BeginningのSwitch版『Happy Birthdays』が発売決定!
https://ninten-switch.com/happy-birthdays-announcement

むう。
_____

・Switch向け新作ソフト『Feudal Alloy』が海外発売決定!手作業で描かれたグラフィックが特徴のアクションRPG
https://ninten-switch.com/feudal-alloy-announcement

アクションとしての面白さはどないなもんなんだろうか。
_____

・Nintendo Switch用ソフト『Nightmare Boy』が海外発売決定!メトロイドヴァニアのアクションゲーム
https://ninten-switch.com/nightmare-boy-announcement

やけにギトギトしてるような…
_____

・Nintendo Switch用ソフト『Gunhouse』が海外発売決定!パズル系のタワーディフェンスゲーム
https://ninten-switch.com/gunhouse-switch-ver-announcement

うーん……
_____

・『バーンアウト パラダイス』HDリマスター版がPS4向けに3月16日発売!
http://gamestalk.net/post-90084/

何ッ!!??あの自動車たちの楽園がよみがえるだと?めっきりバーンアウトシリーズは動きが無くてどうもなーと思っていたが……。そろそろ新作も見てみたいものがあるんだけどその辺どうなんだろう。しかしこれはPS4を買ったら買わんといかんやつだな……。得意ではないレースゲームの中では思い通りに車体コントロールが出来てパラダイスシティを走り回ってるだけでもものすごく楽しく、クラッシュした時に耳の裏の方がパチパチなって何もかも燃え尽きた感覚が味わえるゲームなんてそうそうないし。あーそれにしても安住の地へ行きたいもんだ。たまには起動してみようかしら。
Take me down to the paradise city!!
Where the grass is green and the girls are pretty!!
Oh won't you please take me home!!

posted by グレイ at 19:52| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

RELAX, 「The end is nigh」 is ALL OVER!!

終わった……。終わってしまったよThe end is nigh……。素晴らしいゲームをありがとうEdmund McMillen、Tyler Glaiel、Nicalis。
DSC_0837.JPG

DSC_0836.JPG
つっても進行率が100%切ってることからも分かる通り一部のやり込み要素とか腫瘍のコンプリート、ゲームカセットの捜索がまだ手付かずな面はあるんだけどね。とはいえスタッフロールはちゃんと見たので間違いなくこのゲームに関してはようやく完全な区切りを迎えたと言っていいだろう。所要時間は驚異の15時間。死にゲーでここまでかかったのは初かもしれないし、何なら普通にクリアするだけで5000機以上消し飛ばしたゲームも史上初かもしれん。いやはや、何ともきついゲームだった……。無論そのきつさに見合う面白さがあるからこそひたすらにやったわけだが、ここまで難しいアクションは久々にやったよ……。ピンクスゥイーツみたいな理不尽超難度ゲームに触れてなかったら途中で挫折もあり得たな。あれをやった後では過酷なゲームの大半が苛酷ではあるがそこまで苛酷に思えなくなる辺り自分も相当感覚がマヒしているらしい。うーむ。
しかしそれにしても、このゲームはどこまでプレイヤーを地獄のどん底へと突き落とすのだろうか。そしてその地獄のどん底でもがき苦しむことの、なんと楽しいことか。息つく暇もないほどの超絶難易度。リトライ一瞬かつ残機がほぼ無制限であることを利用して見えてくるクリアへの解法。指先の微妙なコントロールを繰り返していくその作業と、1ミリの狂いもない操作と0.1秒の狂いの無い判断の繰り返しの面白さに勝てるものなんてない。次々と現れる新たなギミックとそれへの対処を考えることの楽しいこと楽しいこと。手先ががくがくと震えるのはスイッチのHD振動のせいか、それともこの極限状態の連続だからか、それはもう自分でも分からない。ただ一つ言えるのはこのゲームは自分が追い求めるアクションの面白さが詰まっているということだけだ。もう本当に面白かった。何なら同ジャンルの1001SpikesやVVVVVV、スーパーミートボーイよりも上につけていいくらいだ。恐ろしいほど作り込まれたステージを探索したり解法を探すのは本当に楽しかったし、殺意の集合体であるそのステージを攻略していく過程は吐くほど辛いものではあったがそれに見合うやりがいと達成感があった。何より「難しいけど理不尽では無く練られた難しさ」であることが非常にやっていて楽しかった。自機は思い通りに動かすことが出来るしリトライにかかる時間はほぼ無に等しい。極悪に思えても何度もやれば突破できる難易度。死にゲーにおいて無駄なものは一切入っておらず、純度を極めて高めたものだ。昨年のゲームの覇者はアイザックの伝説アフターバース+かマリオオデッセイかってところだったが、すべてやり切った今なら、このゲームこそが去年のベストゲームだ。何とも恐ろしい完成度のゲームだった。
後はこのゲームが日本でも出てくれることを祈るばかりだが……。Pikii(何なら架け橋ゲームズ、8-4、レイニーフロッグ、Playism、フライハイワークス辺りでも可)には何とも頑張ってもらいたいところだが……。正直ストーリーとかあんま分かってないし……。いやまあなんとなくは分かるけど……。果たしてどうなるか……
_____

もう試験まで2週間を切ってるからいよいよ図書館辺りで勉強しないとまずいぜ!と図書館へ向かったはいいが足はなぜか駅に向かいそのまま流れるように電車に乗り込みゲーセンへ。ガレッガを2回ほどやって満足した後ブックオフで誠京麻雀の頃の銀と金を読んだりして帰路に着く。生きててすみません。
新年初ガレッガはいつもの感じとも言えますしいつもの感じとも言えます的な結果だった。まずはチッタでのプレイが1クレハート様mk2発狂まで。子ブラは8体だったので微妙なランクの高さであるのだが何より酷いのが少し期間が空いたことで6面の攻略法を頭からすっぽかしてしまっていること。というかぶっちゃけ6面は攻略らしい攻略が無いような気がする箇所だと思っていて、弾をよく見て左右に切り返す、初見殺しレーザーに注意、3連戦車でボムを撃て、くらいを念頭に置けば適当に死んで適当にランクが下がって適当に突破できる箇所でもあるのですっぽかすこと自体がアレな感じではあるんだが…。チキンボムを撃ってるのも非常にまずくハート様戦で案の定ボムが枯渇してしまった。
チッタガレッガは何だかんだやれば7面ハート様mk2に辿り着くのだがこの先の突破への解が見えてこない。これまでは発狂ワインダーをボムの無敵時間を利用しての安置駆け込みが勝機を見いだせるものだと思っていたのだが、これだけやってみても上手いこといかないことを考えると、この方法は厳しいのかもしれん。安置に駆け込んでもそこから脱出してハート様の猛攻をしのぐのは自分の腕前では無理な気がしてきた。ハート様の何がきついかと言うと攻撃がランダム要素の塊であり弾幕が激しすぎることにある。その一方で発狂ワインダーはランダム要素は一切ない。挙動は固定だ。となると、信じがたいが発狂ワインダーをパターン化することが解の一つかもしれない。4号機と違ってチッタなら処理落ちすれば発狂攻撃は避けられんことも無いということは分かっている。つまり「ボムを機雷乱射に充ててエクステンドを目指す」「余ったボムは発狂攻撃の際に乱射する」「発狂ワインダーのパターン化」が現時点での目標か。自分に出来るのか?と言われれば「たぶん無理じゃね?」以外の言葉が出ない。しかし理屈上避けられる算段があるのならおそらくそれは避けられるということでもあるはず。それに、ケイブSTGの2周目みたいな人外しか相手にしてないような調整ではないはずだ。うーむやるだけやりましょうか…。まあ4号機クリアに5年かけたんだしチッタクリアに20年くらいかけても問題ないでしょう(この考え方に問題がありそうだが
で、まともにやるのは数か月ぶりとも言えるかもしれない4号機プレイはこちらもハート様mk2発狂まで。ランク調整の指針すら頭からすっぽかしていてハート様で子ブラ5体という失態に加えて死ぬタイミング見失って6面に残機4で特攻する羽目になるという珍事もあったがここまで来れてるなら指針を思い出せば行けるんじゃないでしょうか。ボムレベルアップとか乱発したりしたし、そういうのをきっちり管理できれば、まあグロウスクイードまでは辿り着けるでしょう。チッタ高ランクので荒波にもまれたからか結構ランクが高くても動じなくなってきてるな……。とりあえず5面終了までオプション無しでやっていたはずなので、5面でオプション取るのは止めておこう。とっても問題ないと思うんだけどねー。むしろ自爆をきっちりした方が良いってか。自爆と言うかまあボムレベルアップを抑制するのが適当な自爆よりもよっぽど重要なんだけどね。
しっかしえらくだらだら長い文章だ……。もっとこう「ガレッガやった。面白かった」的なレベルまで文章量を落とせないもんなのかねー。
_____

ロマサガ2はしっかりとレオンを謀殺して、はい、はい、と言う感じに適当にプレイ中。ベア様がパリイを閃いたりしてきて、ヘクターもエイミング閃いたりしてきて、やっぱりロマサガ2は面白いと思うばかりです。切れ味ある攻防と、閃きによる戦闘のドラマ性。最高のRPGの一つであるとの認識を深めるばかりであります。全然序盤でまだルドン送りとか出来る段階ではないんだけども。
シレンGB2も進行中なのはそうなのだけど、罠チェックとかを厳密にやるようになってきた段階なので進行速度は鈍化。一応27階とかその辺ですけど、クリアまで行けるもんなんでしょうか……。マゼルンでの合成の時ではあるんだけど、マゼルンを的確に倒すすべが思い浮かばない。合成しないと死屍累々ということは分かるのだけど……。あと地の恵みの巻物が引けなくてパニック状態。盾が異常に弱くてこの先非常に不安である。天の恵みは2枚もあるし、祝福の壺抱えているので盤石というか別に祝福して読むほどのもんでもないと思っているけど、もしかして今が読むときなんだろうか?悩。
_____

ようやくHDケーブルを買ってきてセレクター本格稼働の時!ということでもろもろの設定を済ませていよいよ起動してみる。いいねえこのドキドキ感。たまらないものがある。まずは360の起動をしっかりと確認。同時にPS3も起動してみるがここで問題が発生。というのも、PS3が映らないのである。ケーブルをつなぎ変えてみたり色々やってみるが反応なし。まさかセレクターが故障?しかし360がバリバリに映っているのでそれは考えにくい。となるとやはりケーブルの不調か?といろいろ試行錯誤してみるが一向にPS3が表示されない。ここに来て直接つなぐのはどうか?と思い繋いでみると、普通に表示された。
つまり状況を整理すると
・近所で購入した無電源型HDMIセレクター(オーム電機製)がPS3を映さない
・Xbox360は普通に映る
・PS3を直接モニタにつなぐと映るので映像が出ていないわけではない
と言うことになる。結局のところPS3が映らない以上このセレクターは役立たずと言うことだろう。ほほうなるほどなるほど。つまりオーム電機製のHDMIはゲーム機の設定には全く役に立たない屑の産物だと。外部電源から供給すると上手いこと作用するのかもしれないが、外部電源供給用ケーブルは別売りと言う仕打ちに頭が来たのでこの産物は勉強料としておこう。正直なことを言うとぶち切れて破壊動画をupしてYoutuberデビューでもしたくなるほど怒りに満ち溢れているが、そんなことをしても意味がないので耐えしのぐしかない。とりあえずオーム電機製の商品は今後二度と買わないようにしておこう。オームと微妙に関係してそうな企業名だからそんな酷いもんは出さんだろうと思っていたのだけど、名前を信頼したのが大きな間違いだったようだ。40回分のガレッガ代金を奪ったこの産物のことはとっとと忘れることにしよう。それにしてもすげえむかつくもんだ。けっ。
しかしHDMIセレクターが無いと困ることは事実。というかもうこのまま引き下がるわけにはいかない。とりあえずAmazon辺りでHDMIセレクターを注文してみたが果たしてこれは大丈夫なんだろうか?もう何を信じていいんだかさっぱりわからん。大後悔時代。ろくな年になりそうにないと思っていたけどまさしくその通りになったね。とほほ。これも失敗だったらもはや泣くしかないが……。ゲームに向いてるHDMI分配器とかそういうのってないのかよー。


posted by グレイ at 21:48| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

サマーカーニバル91 精霊戦士スプリガン

昨日泣きの丸ごとバックアップ使用という軟弱ゲーオタになり下がっていた忍者龍剣伝へのリベンジに成功。丸ごとバックアップ未使用で1時間30分ほどでクリアすることが出来た。というかむしろ3時間くらいかかると思っていただけにまさかこんな短時間でクリアに辿り着けることの方が意外な感じ。このゲーム、まさかロックマン2とかと同じく慣れれば短時間で決着がつくタイプのゲームなのか?分からんが、少なくとも自分にとってはそうらしい。恐ろしい。うーむ。一番苦戦したのは実は大してパターン作れてない5-3だったりする。というか6-1~6-3はもうホント馬鹿みたいに死にまくったのでたぶん2-2とかよりもよっぽど上手くなってるような気が……
感想は昨日書いたので省略。FCアクションの中でも12を争うほどの傑作だと思うほどです。こんなゲームが、あったんだなあ……。3Dに進化したニンジャガイデンの方もこの勢いのままやっていっちゃいましょうかね……。ピンクスゥイーツが陣取ってるので360は中々他のゲームに移れんけど……
_____

さて、今回の本題(?)。WiiVCでの適当プレイの一環としてMD版チェルノブとスプリガンを始めてみた。まずはチェルノブの方だけどえらく難しいねこれ。とりあえず軽く触れるだけでは全く太刀打ち出来んバランス取りをしているみたいだ。一応前にしか進めないとか、音楽が滅茶苦茶カッコイイということは知識としてあったんだけど、どうも徹底的に取り組まんといけない類のゲームらしい。その枠は今Wiiだと魂斗羅リバースが占めているのでいったん放置させておくとしましょうか……。後例の原発云々の設定が本当に闇に葬られてて乾いた笑いが。流石はデータイーストの狂気の一員か…(残りはカルノフとトリオザパンチ)
で、スプリガンの方だけどとりあえず3面で死んだんだけど、これまでのコンパイルSTGとは結構タイプが違っててこれはこれで面白いね。後の魔法大作戦を思わせる世界観とビジュアルシーンを取り込んでのストーリー性の高さ、プレイヤーを引き付ける演出全般、ザナックや武者アレスタとも異なるバランス調整に当時のコンパイルは色んなSTG作ってたもんなんだなーと感心してしまった。ヤケクソ気味に強くなる自機とその凄まじい大破壊感にコンパイルらしさを感じたり、同じくサマーカーニバル出身であり世紀の大破壊大暴走大殺戮STGだった烈火らしさを感じたりといろいろと思うところも多い。パワーアップの仕組みが非常に変わっていることがおそらく今作の特徴であり、赤青黄緑の精霊球を取って自機が強くなるのだけど、ただ単に取ればいいというものでは無く組み合わせが重要。精霊球は3つまでストック出来てその取った3つの組み合わせで自機の攻撃が大きく変わる。出てきたものを適当に取っているだけではじり貧になったりもするという調整なのかもしれん。一方でボムはこの精霊球を一つ消費して前方を爆散させるタイプのガンヘッド形式のものらしい。精霊球はヤケクソ気味に供給されるので自機の火力は落ちることはなく、ボムも撃ちまくれるという破壊第一主義的バランスな作品なのだろう。武者アレスタもそうだったけど復活がしやすいこととヘマしても立て直しが容易なことは非常に素晴らしく、こういったプレイヤーへの配慮が効いてるバランスはプレイヤーをぶち殺しにかかるアーケード系STGとは違うと思わされる。いやはや、これは中々に面白い作品を引いたかもしれないな。単純なSTGとしての面白さは実は武者アレスタの方が上かもしれんと思っちゃってるけど、こちらもこちらで独特の味がある。コンパイルの凄さを実感した一日であった。
あと昨年末に現れた例のSTGはギンガフォース以下の演出なのは周知の事実だけどぶっちゃけこのゲームよりもひどいような気が。いやホント一体なぜあんなゲームが出来てしまったんだろう……。スイッチSTG界隈はインバーサスDXとGEMだけが救いやで……。旧作ありならガンバードストライカーズ1945ブレイジングスターパルスターとかいろいろあるんだけどね。
_____

The next penelopeもとりあえず偵察として少し起動してみた。ウエライドみたいなゲームと聞いていたけどマジでウエライドみたいなゲームだな……。レースゲームだからレースするのはそうなんだけど、マシンガン(レーザー)撃ったり地雷設置したりとアクションの要素もあったりして中々に難しい。というかバランスが結構熾烈な気がする。これは苦戦の予感が。少なくとも本腰入れてプレイしないといけないタイプのゲームがする。うーむむむ。
ロマサガ2の方は流し斬りが完全に入ったみたいです。あのシーン笑いどころでも何でもないのに変な笑いが起きてしまうのはもう宿命か…。やはり敵避けはやりにくく、ソフトリセットが欲しいと思うところ(あるんだろうか?)。とりあえずさっさとレオン殺しておくとしますか……。にしても、ベアがパリイを閃かん。ロマサガ2最序盤の要でありロマサガ2の代名詞であり最強最終奥義であるはずなのに……。おっかしいな……
_____

The end is nighの2周目相当ステージの3番目を何とか走破。気狂い起こしそうになるほどの熾烈な難易度は相変わらずだがここまで来たら気力の勝負であると思う。たぶん。そんなことよりも4番目のステージでこれまで見たことがなかったギミックが出現し始めて驚愕。ここに来て新たなギミックっすかー!?んなもん厳しいにもほどがあるって!いやもうやるけど……。中途半端に突撃したせいで今更過去に戻るに戻れんし……。こりゃ2周目相当のステージのシステムは賛否両論だなこりゃ……。
それはそうと集めたミニゲームでもたまには眺めてみようと思い眺めてみたのだけど、ア○スクライマーとかFI○AL ○ANTASYっぽいゲームが次々と……。あいつ結構良いもんやってやがりましたな……。しかしこれいいんだろうか?別にミートボーイだったら特に何も思わないけど設定上主人公ゲーオタだし冒頭でファーック!!とか叫んでるし……。いやまああんま深いことは考えないようにしますか。オマージュオマージュ。
_____

今日のピンクスゥイーツは死屍累々で酷い有様だった。進行度合いだけを見れば1クレ6面卵とそれなりだがその過程が酷いにもほどがある。死にどころを見失い残機3で5面に突入し、こんだけ残機あれば自殺しなくてもいいんじゃね?と思ったのが過ちの始まり。残機4で5ボスに到達し適当に死んだりしながら戦っていたけれど、6面開幕のミサイルを既に破壊できなくなりミス、その後も6面中ボスその1で死んだりとふがいないプレイの連発。更には6面中ボスその2でまさかの被弾。負ける要素はほとんど無いはずなのに……。こんな有様かつ高ランクでは突破できるもんは無いということで、6面卵でお陀仏。無理です。
「教訓:残機が余ってる場合5面卵で破壊した時に自爆では無く卵開幕辺りで意図的に自殺しろ」
_____

シレンGB2はようやくマシなパターンを引いたみたいなので一気に進行中。と言ってもまだ15階くらいなんですけど(レベルは24くらい)。亡霊武者で悪魔暴君を降臨させての狩りとかそういうのを行ったのでレベル的には相当上手い具合になっているはずなので、後は油断しないようにいけばクリアに到達できそうだが……。祝福カズラの仕様とか全然把握できてないんだけど行けるもんなんだろうか……。不安だ……
魂斗羅リバースなんかもちみちみ進めてパターン見つけようとしてはいるんですけどどーにもこーにも上手いこと行かないです。というか3ボスが異様に強い気がする。サイボーグ忍者が普通にパターン化出来て安定させることに成功したのでこいつもパターンがあるとは思っているのだが見つかる気がしない。ぐぎぎぎぎ。こればかりは死に続けて覚えるしかないんだろうか…。4面と4ボスは詰まった記憶は無いのでここだけが障壁と化しているんだが……
更にクイズ七色ドリームも大惨敗で無残の一言。4月末までたどり着けないのはもちろんのことタイガーマスクの正体は?という問題で「そんなの簡単!」と意気揚々と伊達の二文字に反応して伊達臣人を選んだりともう笑えるくらいにダメです(ちなみに正解は伊達直人。伊達臣人は男塾の登場人物)。これまでの人生ゲームしかしてこなかったのが完全に仇になっていて、一般常識と理系問題社会問題はどうには答えられても漫画特撮ホビー芸能辺りは壊滅的だ。厳しいにもほどがある。この際ライフを増やしたりルーレットの目押しを変更した方が良いのかもしれん。クワー。
_____

・『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』あのエピソードの真意は? 開発者たちが明かす、ストーリー制作秘話【ネタバレ注意】
https://www.famitsu.com/news/201801/02148529.html

まだUSUM買ってないので記事内容は見てないんだけど、中核で関わってるお二方を全く存じなかった辺りホントに今のポケモンは時代が変わっていることを思い知らされる。とりあえずあぶく銭が手に入り次第買ってくるか……。「今回は」大丈夫なんですよね?まあ自分に出来ることはゲームをプレイすることだけです。どうにかやっていきましょう……
_____

そろそろ真面目に生活するか……



posted by グレイ at 19:36| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャリュウケンデン!?

どうしてセールになったかよく分からないけどセールで買った忍者龍剣伝が頭が狂いそうになるほど面白かったので一気にクリアしてしまった。あー面白かった!所要時間は5時間弱。難易度だけを見れば3面を超えるのに2年近くかかったFC版魔界村(いまだに2周クリア出来ていない)や初見では6時間で攻略出来たロックマン2よりも容易とみても良いのかもしれないが、ゲームセンターCXでかなり予習済みであることと、実は龍剣伝ルールの戻し作業が苦行に片足突っ込んできたのでやむなく丸ごとバックアップ邪鬼王戦で1回、真の邪鬼王戦で10回くらい解禁しちゃったんだよね……。丸ごとバックアップを使っても極めて厳しい難易度であることを、どうか、どうかご了承いただきたい…!つーか時間をかければそのうちクリア出来そうだったんだけど、もう6-1~6-3を往復してボスのパターンを把握できずに戻される作業は懲り懲りなので…(プレイ時間の半分は実質この作業だった)。こんなシステム、採用する方がどうかしてるよ。ともかくこれはそのうちリベンジが必要か……。まあ最終的に6-1~6-3パターン化出来た気がするからボス戦でヘマさえやらかさなければクリア出来る気はするんだが……。
感想はまさしく傑作。テクモシアターによるストーリー性の高さとビジュアルシーンのカッコよさはFC屈指のものだし、肝心のアクションも非常に高難易度でありながら龍剣伝ルール(6-4に待ち構える6面ボスで負けると6-1からやり直し)以外では理不尽さを全く感じさせない。近接アクションが大の苦手でソルトアンドサンクチュアリやショベルナイトでも辛酸を呑み続けてきたほどの自分だが、今作は難しいながらもその難しさに妥当性があり納得のいく殺し方をしてくれるので全く不快に思うことはなくただひたすらトライ&エラーに没頭することが出来た。一見厳しい場面でも必ず突破への解が存在している。観察力と記憶力さえあれば十分にクリア出来る難易度だろう。それなりの対応能力だったりゲーム基礎技能をある程度求めてきたFC版魔界村とは異なり、大魔界村のように確固たる信念と洞察、そして幾分かの行動があれば必ずクリアに到達できるタイトルであろう。熾烈な難易度であるが(特に終盤は息つく暇もないほどの敵の猛攻と一見しただけでは死ぬしかない場面の連発なので相当厳しい)、忍術の使い分け、敵の行動パターンの把握、体力に物を言わせてごり押し、スクロールアウト、などを駆使すれば切り抜けることは可能。少なくとも訳も分からずに死ぬしかない場面はこのゲームには存在していないと、何とか道中を渡り歩いた身からしたら思う。開発者は頭がどうかしてると思った6-1~6-3もやればやるほどにきっちり最小限の被害で突破することが出来る。6-3なんかは回復アイテムまで準備してくれているので体力満タンでボスと対決出来るという配慮も十分。根気さえあればエンディングを拝ませてくれる(VCならより容易…というか龍剣伝ルールは流石に理不尽なので…)バランスは流石としか言いようがない。いやーこりゃあすげえよテクモ。参った。
難易度以外でもアクションとしての動かすことの気持ちよさも完璧。リーチは短いがその分当てればほぼ確実に雑魚を惨滅できるし、判定は結構広めでタイミングさえ合わせれば適当に振って敵をバッサバッサ倒せるのも良し。忍術も非常に強力でこれまた使ってて気持ちいい。FCのアクションでここまで動かしてて爽快感を味わえるゲームは中々なかったように思える。うーむ、素晴らしい。
と言っても万人受けするタイトルでは全然ないね……。根気さえあればクリア出来る難易度と言ってもその過程はほぼ全ての人にとって地獄だし、ハヤブサという名前なのに鳥に情けなくやられていく様は面白みこそあれど「なんでこいつこんな鳥に弱いの?」と切れかねない。龍剣伝ルールは心底酷いとしか言いようがないし、自分はそうは思わなかったけど後半の難易度は人によっては理不尽に映るかもしれない。ジェット忍者とか転がりホッピングおじさんとか鳥とか凶悪な行動ルーチンの敵も非常に多い。邪鬼王その1がとんでもなく難しい(と言うよりも精密な動きと地味な回避の繰り返しなので集中力が途切れやすい)のもアレだし、ラスボスも大概アレ気味だ。ボスが強いのは別にそういうもんだと思わんでもないが……。壁張り付きが誤発して連続被弾しやすいしノックバックでそのまま穴に落下して死ぬなんて言う魔界村でよくある死因も完璧に網羅しているのも、高難易度の一端になっているだろう。
……なんか後半かなり愚痴になっちゃったけど、それでも今作は傑作以外言いようがないほど完成度の高い作品だと思う。FCでは久々に見た「難しくて面白い」ゲームだ。難しいけれど何度も何度もやられては突破の解を探したくなるほど難易度調整に優れていると思う。いやはや、セールで買って大正解だった。というか、これだけ面白いのならもっと早くプレイするべきだった。難しいって言われてたから警戒していたけど、変に警戒し過ぎたのが仇になったか。うーむ。
しかし新年早々忍者龍剣伝をクリアして龍剣伝が面白いとか言ってるこのブログは一体何なんだろうね。自分でも一体どこを向いているゲーオタなのかよく分からない。こんな新年の始まりで良いんだろうか。んあー今年もろくな年にならなそうだ……
_____

ついでにセールとは微妙に関係してたりしてなかったりな感じでスイッチでは噂のレース系シューティングのThe Next Penelope(ペネロペ)とロマサガ2を買ってきた。ロマサガ2なんてSFCROMで散々やったしWiiVCでも散々やったし、Vitaアプリ版もやったのになんで買ってるんでしょうね。誰か教えてください。
それはそうとスイッチ版ロマサガ2だけど、Vita版を更に綺麗にした感じでバランス再調整は無いんだろうか?ナイトヘッド道場の復活が気になるがたぶんないんだろうなー。閃きたけりゃディープワン道場に入門しろってか。ちっ。まあ良い。スイッチ版で今のところ気になるのはスイッチって十字キーが無いから敵避けが異常にやりにくいといった辺りか。敵と戦ってるとどんどん敵が強くなるサガシリーズで敵避けしにくいって結構致命傷な気もするが……。まあバランスが割とまともになってるからある程度戦ってても支障はないと思うんだけどね……。どうも釈然としない……。今のところまだヴィクトールに流し斬りが完全に入ってないところなのでどうにもこうにも。まあ適当にやっていきますか……。
_____

今日のピンクスゥイーツは上々ではなくなんかパッとしない感じのピンク。4ボスで自殺してみるという作戦を決行しスコアエクステンドとの兼ね合いからランク調整はピシッと決まったのだけど5ボスで運が悪い攻撃のオンパレードで残機ゼロかつ割と高いランクで6面突入。謎にスペシャルパワーアップも誤仕込みしてしまうが、6面中ボスその1をどうにか突破することが出来たので良しとする。こいつの攻略法は
・リングレーザー放ってくるときはボス中央に位置し破壊可能弾を破壊する
・緑針弾幕が来たら一気に画面下に移行、サーチが入ってるならボムチャージ→緑針弾を吸収したのを確認して解除→再びボムチャージで良い。
問題はサーチが入ってない場合。動きは同様なのだが破壊可能弾が破壊できないので破壊可能弾をよく見て避ける必要が出てくる。破壊可能弾に気を取られていると緑針弾の吸収やらが遅れてマーマしかねないので、サーチを仕込み損ねた場合は自分の腕前の場合ボム連打で良いのかもしれない。
・再びリングレーザーが来るが避け方は同じ。その後の破壊可能ミサイルは下に下がりながら大きく自機を振ってミサイルを全て破壊したのを確認してからボムチャージすること。
・以降繰り返し。2ループするか3ループ目入るかくらいには倒せるはず
といった感じで良いのか?ロジックはあるけど肝心の腕が付いてきていないのがなあ……。
今回はファットデーツ後のズゴットソーダミサイルポッド型の誘導ミサイルがなんか判断の遅れで直撃してしまいここで終了となってしまった。厳しいもんです。一番練習したいのはロボペッツ4列突撃地帯とその後の突撃アポロロケット地帯なんだけどなー。コンテニューで練習してみたけどランクが低いと普通に突破できちゃうので練習にならんのよな……
_____

シレンGB2は序盤で死にまくるダメシレン。開幕あなぐらマムル3体(もしかしたらただのマムルだったかもしれん)に囲まれるとかそんなンばっかりで10階にすらたどり着けない。自らの意志が、強固であるほど様々な試練に苛まれるものだ。無論、試練を目前に避ける事も出来れば、逃げる事も出来る。だが、試練の真意は、そんな己の心を克服することにある。前途多難ですがやっていくしかないですかね……
_____

地味にヴァルハラもプロローグを見たりアナ絡みのあれこれを見たりして2周目の知識を蓄えている最中であります。サントラで気分を高めてゲームに反映させる。中々オツなものです(そうか?
_____

そういえば今日はHDケーブルを買いに行く予定だったんだけどなあ……。この調子だと今年もPS3がホコリをかぶりそうだが……。うげーどうしよう。明日は必ずや買いに行かんとなー。まさか龍剣伝でこんな時間を吸われることになるなんて当の本人も予想もつかないことですよ。
更に龍剣伝話を続けると、あのゲームを19時間もやり続けた(一応日はまたいでたりしていたが)有野課長ってやっぱ凄いんだな。課長だけでなくAD(笹野浦川)も。こんなの長時間やってたら頭がどうかしちまうと、死に過ぎて悟りの一つや二つが見えかけた自分からすると思うぞ。長時間やってしかもエンターテインメントとして成り立たせている。ゲームセンターCXの恐ろしさを今一度思い知った一日だった。こんな1月2日でいいんだろうか。謎々。


posted by グレイ at 18:57| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

信念乃誤哀察

大みそか→元旦はガキ使見終わった後布団でクイズ七色ドリームをプレイしたり、神社でおみくじ引いた後ピンクスゥイーツやったりシレンGB2の奈落の果てに挑んでデブートン降臨になすすべなく圧倒されて死んだり、今年こそはPS3を動かさないとアカンということでHDセレクターを買ってきたりと、正月感無いまま過ごしました。つまらない人生過ごしていますがたぶん今年もおおむねこんな感じです。どうぞよろしくお願いします。
今年の目標なんて立てても買ったゲームを忘れてダブらせているような人間が目標を覚えられる訳も無いので、何もなしです。あーっと、恒例のあんま手を付けてないジャンルのゲーム1本は必ずプレイするってのは現在実行中(ジャンル:クイズで対象ソフトがクイズなないろDREAMS)なので特にあれも無いですかね。ここ数年の恒例行事でもあったテイルズプレイは去年Zが泣きの放置に入ったけど今年はどうすっかな……。
とりあえず、「とにかく頑張って続ける」ことを信条に今年一年どうにかやっていきましょうか。今年こそ少しでも明るい展望が見えれば良いけど、HDセレクターを買ってきたは良いけどケーブルが足りなくて現状PS3稼働のタイミングが無いこととおみくじが中吉からしてその可能性は無さそうだな……。パワポケ7、8、10の射的おみくじならほるひす人形取った上で大吉出せる実力があるのになー。運命力が足りなかったか。はぁ……
_____

新年一発目のピンクスゥイーツはなんだかヘボちんな結果だった。ランク調整に失敗した(変なタイミングでスペシャルパワーアップ仕込んでしまった)のもそうなら6面中ボスその1で壊滅しているのもひどい。というか中ボスその1が突破できん。こいつの何が強いかって言うと、そんなに強くないけれど常にガチ避けを強いられるという点にあるわけであり、ゲーム力が極めて他の人よりも低いと言わざるを得ない以上ロジック(奇数偶数の法則、自機狙い弾、弾封じ、ランク抑制、パターン把握など)で戦ってきた自分からしたら緊張感に包まれる場所であり、どうにも避けるのが難しい。もうこれは慣れるしかないのかね……。それか後半ランク上がるのを覚悟のうえでボム乱射で突破するか。ランクはどうでもいいけど破壊可能弾破壊カウントが減るのがな……。ただでさえ5面で破壊可能弾カウント下がるし……。これでも4ボスでカウント稼いだり小細工は仕掛けているのはそうなんだけどね……。
あとエブリ100万だと残機余って5面に突入することが多いので、5面卵で爆散してランク下げる際1発死ぬのをここで残機0まで潰してもいいかもしれん。まだまだ考えることが多いなあ……。一応デフォルト設定で使いまわせそうなパターンを組んでいるからアレなのか……
_____

自分へのお年玉としてコンビニでバニラビザを購入してbandcampにてヴァルハラとcupheadのサントラを購入。ヴァルハラは言うに及ばず、cupheadもジャジーなサウンドが非常に良かったので。特に最初のボスの曲(だよな?)が非常に良かったんだよね。ゲームもいずれ早いことプレイしたいもんだが……。ピンクスゥイーツでも互換に対応してくれたらすぐさま移行しても良いんだけど需要が死んでいるから多分無理だしなあ……。
_____

昨年末はセールで色々買いまくりで節制を心掛けなければいけないと思っていたのだが、ここに来て巡回先のサイトさんのところに、M2が開発に加わった魔神少女3はあの井内ひろし氏がDとして参加していたという事実を知り驚愕。そして2秒で切り返し購入に向かう羽目になるのだった。UBUSUNAの進展にさしあたり別のプロジェクトが発生したとサイトの方で言っておられたが、まさかこれだとは予想もつかないもんがありますよ……。ただシューティングでは無くアクションだからどうなるかなぁ……。3DS版アフターバーナーⅡのアレンジは革命的ですらあったので、今一度あの奇跡を信じたいところだが。しかし購入に向かう際に5000ニンテンを補充したのだけど(セブンでプリペイドカード買うと最大10%おまけにもらえるキャンペーンをやっとるのです)、微妙に足りない状況なのでWiiに充てる予定だったポイントをこっちに使ってしまった。こうなりゃペネロペ辺りも買っちゃいましょうかね……
_____

そんな井内さんのサイトを覗いてみたら体調的にかなり心配になるような記述がなされていて不安に。御無事でいてほしいものだが……。発表時からの期待の新作UBUSUNAに関しては担当プログラマが別プロジェクトに行っているらしいので、まだまだかかるらしい。今は何とも言えない状態ですと言う言葉には非常にもにょもにょとさせるものがあるが、M2の規模と現在の活躍っぷりを考えると厳しいものがあるか。PS5が出るまでは待つ覚悟は十分にあるので、こちらとしては納得がいくものが出てくるのを祈りつつ待つのみだが……。愛してるぜベイビー!と言いたくなるような作品であることを祈るばかりであります(アイレムじゃん
_____

それじゃあもっと不思議に戻るとしますかね……

posted by グレイ at 20:39| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

12/25~12/31

これが上がってるときには年が明けてると思いますが、書いてる段階では別にアレも無いもんで、何もないもんです。たぶん2018年もこんな感じですがどうぞ一つよろしくお願いしたいところです。今年はエスプレイドが移植されることだけを祈りながら過ごしたいと思います。


・バトルシェフブリゲード
何とかクリアに到達。まさしく傑作でありました。

・ヴァルハラ
こちらもどうにか1周目は決着。傑作でした。

・ピンクスゥイーツ
1.00エブリ100万1クレ6ボス第一形態。

・バトルガレッガ
1クレハート様mk2。

・武者アレスタ
ノーマルをどうにかクリア。紛れもない傑作でありました。

・The end is nigh
腫瘍350個、進行率75%。

・クイズ七色ドリーム
とりあえずクリア(振られエンド)。1クレプレイでは4月まで。

・インザナ
ガンツァーさんを撃破。

・魂斗羅リバース
とりあえずクリア。ノーコンテニューだと3ボスまで。

・グラディウスリバース
コマンド解禁で2ボスまで。

・愛超兄貴
2面道中まで。

・パラノイア
2面まで。

・シレンGB2
シナリオクリア、肉ダンジョンイベントクリア、罠ダンジョンイベントクリア、壺ダンジョンイベントクリア、奈落の果て(おそらく今作のもっと不思議枠)のイベントクリア。

・アイザックの伝説アフターバース+
グリードモード1周。

posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする