2017年04月03日

3/27~4/2

どーもデザインがしっくりきませんね……。妙な余白は空白スペースが気になる。正直テキスト書けて読めれば何でもいいといえばいいんだけれども、どうもねー。テキストサイト風のシンプルなデザインとかないもんだろうか。


・メタスラ2
1クレラグネーム。遂にクリアが目の前に差し掛かってきたが、なんだかんだで春休みもそろそろ終わろうとしてるんだよね。休み中にクリアすることは出来るんだろうか。やり込んだ期間は1カ月といったところか。これが速いのか遅いのかは分からんが1カ月やり込ませるだけの力のある作品といったところかな。

・メタスラ3
1クレゾンビ脱出地帯。なーんか詰めが甘くヘボイプレイしか出来てないな……

・SA*
遂にクリアまで到達。本当に良く出来たパターン構築型STGでありました。100万点稼げるようになればクリアできるようになる、といったところかな。パターン外さなければ生存が保証されるからヘボでも安心なのがいいね。とはいえ難易度自体は血ゲロ吐くくらいには高いと思うけど。
ついでにショットのみプレイも挑戦して3面中盤まで。意外とクリアできるもんなのかな…?4ボスはショットのみの方が楽な形態もあるし(2とか3とか)、ラスボスは自爆待ちで楽勝。ちょいとやり込んでみようかな。

・どぎめぎV
完全クリアに到達。しかもトロフィーもコンプリート。始めた当初はここまでハマるとは思わなんだ。努力すればクリアできるっていうギリギリを突いたかのようなバランスが見事な傑作でありましたとさ。

・どぎめぎ3DS
39面あたりまで。正直こっちはちょいと厳しいような気がしないでもない。一応クリアできるバランスだとは思うけれども、難易度はVita版よりも明らかに高いね。

・ブレインロード
クリアに到達。無駄に高い難易度とギリギリジャンプの連発で爽快感をバッサリ切ってくるのは何ともしがたいが、それでもSFCのRPGの中でもトップクラスに面白い作品でございました。流石はプロデュース。このスタッフが作るRPGは出来自体は平凡だけど他にはない独自の空気感が素晴らしいんだよね。ミスティックアークだけで止まっちゃうのはもったいないほどだと思う。

・ティンクル
レベル8で女王、ティンカーリンカ―を使ってメヴィウス、なんじゃもんじゃを使ってダークランまで。なぜ使い手のなんじゃもんじゃが一番ダメだったのか……

・久遠の絆
万葉さんのハッピーエンドに到達。多少の気になるところはあれど良く出来たアドベンチャーゲームでございました。流石はフォグ、といったところでしょう。おまけシナリオはそのうちにでも。

・YU-NO98
達成率6%。ネタバレが致命傷になりかねないジャンルなので詳細は語らない方がいいかな。ま、じっくり付き合っていくことにしましょう。

・アストロGoGo
ちょいとレースしただけなので語れる段階では無し。音楽は非常によろしく、スピード感もバツグンだけど難易度がちと高い気が。

・スーパーR-TYPE
最高記録は3ボス。難易度最低で4ボスとダメダメ。すげえ難しい。もう完全にアイレムSTGだ。こりゃ厳しいねー。

・ガレッガ
1クレ6面中ボス。ブラックハート様のスランプこそ乗り越えたものの中ボスの倒し方を度忘れしてるとは。

・極パロ
1クレ6面ボス。春はあけぼのの前になすすべなく死亡。どーにもこーにも。

・虫姫ふたりBL
1クレオリジナルALL。久々にプレイした割には中々上場じゃないっすか。

・アイザック
サタン倒したりなんなり。ただ下手になっているのかアイザック撃破までたどり着けるようにならなくなっているのが問題と言えば問題だな。うーむ。

・コラムス
内容は覚えてないがプレイはした。結果は確かL8とかその辺な気が……

・アルカノイド
1クレラウンド4。どーにもダメです。

・エスカトス
オリジナル版ノーマルをノーコンテニューでクリア達成。ようやくクリア出来ましたとさ。ハードは無理そうだとすると、アドバンスモードのノーマルクリアを目標としますか。まだまだエスカトスとの戦いの日々は終わりそうにないな。

・パワポケ7
滅茶苦茶今更だけど甲子園ヒーロー編のアルバムをコンプリートした。ついでにプロフィールも。これで7に関してはその辺の人よりやり込んだと言えるだろう。というか今まで7大好きとか抜かしながらもアルバムはコンプリートしてなかったのかよみたいな感じだな。というか自分がコンプリート出来たのってたぶんダッシュだけだし。こんな男がパワポケ好きとか名乗ってもいいんだろうか。あんま良くないかもな。

・メタルブラック
1クレ5面中盤。5面の中盤が抜けられない。下手になっているのか…?


posted by グレイ at 00:00| Comment(0) | 週まとめ | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

この世の果てでキュンキュンズキューンな少女

デザインを変更してみました。個人的にはまるでしっくり来ていないけれども、変更するのも面倒なのでここしばらくはこんな見栄えです。右側の空白が気になるので突貫で与太話を兼ねたネタコーナーを作ってみたけど、どうにもこうにも。たぶんこういう所にアフィリエイトだとかアドセンスを張るんだろうな。面倒だからやらないけど。アフィリエイトやり始めたら一生レトロゲームやSTGの話なんてしないだろうし、ここでネタにすることも何も無くなると思うし。
んなわけで今後もよろしくです。
_____

しつこく続くよアドベンチャーゲーム強化期間。今回はこの世の果てで恋を唄う少女YU-NOのPC98版をプレイしてみた。お前いつの間にそんなもん買ったんだよと言われそうだけど、まーアレですよ、この世界は出すもん出せば欲しい物が手に入る世の中ですからねえ……。まあ色々あってDLCだけ手に入ってしまったのである。一応大本のリメイク版も後に買い戻し予定。
アドベンチャーゲーム史上最高傑作と言われることすらある作品ということで戦々恐々しながら始めてみたが現時点ではポジティブにもネガティブにも感じられる。ポジティブな面の話をすると、ここまでシナリオ分岐をゲームに絡めた作品は無いと思う。並行世界という概念をこうまでゲームに落とし込んだ例は見たこと無い。これが自分の生まれたちょいあと(たしか96年発売だっけ?)に存在していたということが恐ろしい。ただ読み進めるだけではないゲームがこの手のジャンルにあったとは思わなんだ。複雑で先が気になるシナリオ展開も見事(まだ序盤も序盤なので語ることは出来ないが)。音楽も良し。更にPC98のピポの再現までも入っていてビビった。
で、ネガティブな面の話をすると、面倒くさいんだよね。総当たり系アドベンチャーゲームとしては難易度は滅茶苦茶高いと思う。それでいて、他のアドベンチャーゲームの最終奥義「答え見てシナリオを楽しむ」をやるとなにもかもどっちらけで終わる可能性すらある(理由はゲームシステムに密に絡んでいるから)。そうなると膨大な時間がかかりそうなんだよね。そこがちと気になる。長く遊べると思えばそれでいいんだけれども……。現時点では面倒くささの方がちと勝っているのが何ともしがたい。とはいえこれは長い目で見ていった方が良いのかね。キャラグラフィックに関しては正直何とも。萌え萌えキュンキュンみたいな反吐が出そうなグラフィックじゃないのは良いけどあんまし好みのキャラ絵では無い感じっす。
_____

どぎめぎインリョクちゃんラブ&ピースも遂にクリアに到達。これで完全クリアと言ってもいいだろう。ふっ。長いようで短い戦いだったぜ……
2017-04-01-225850.jpg
つーか1時間切ってクリア出来たのか。これも上達の証なのだろうか。

ゲームとしては人を選ぶであろうものではあるけれども、良質な2Dアクションゲームを探している人にはうってつけのゲームだ。これは面白いよ。頑張ればクリアできるっていう絶妙な難易度調整が素晴らしい。アクションが上手くなくてもパズルを解くような感じで上手いこと何とかなる調整もイカしてる。値段の安さに反して非常に作り込まれた作品でございました。3DS版からよくぞここまで進化したもんだよ。
_____

エスカトスもオリジナルをノーマルをノーコンテニュークリアしてしまいましたよ。ラスボス突入時に5機あったからこれはいけるだろうと思っていたけどまさか第一形態で3機消し飛ぶとは思わなかったけども。それでも勝ったのだから問題なし。これでようやくエスカトスも終了……とはならず、アドバンスモードでの戦いがまだあるのじゃよ。
あと、アドバンスモード以外にもハードはどうするのかってところか。ただノーマルでこれだけ絶望しているのだからハードは多分無理だろう……。コンテニューしつつ進めるのなら話は別だけど、正直エスカトスの印象は覚えてどうにかなるゲームじゃなくそれなりの技量がいるSTGだとも思っているのでハードは置いておこう。
_____

せっかくだからいて座を特殊条件でプレイしてみようのコーナー。今回はソードのみのプレイに挑戦してみた。すると「あんたマジのサムライだぜ!」と英語で言われてしまった。うーむこういったプレイも想定されているのか。ま、このゲーム極めればソードしか使わん気がするからな。個人的にはこのゲームの攻略の鍵は如何にショットを使うかにかかってるとも思うんだけど、ま、それはヘボイ腕前だからそう思うんだろう。斑鳩もチェイン組めないところはバッサリ無視するプレイだったし。バガンでもそうだった。
ちなみにソードのみプレイの結果は2面開幕で緊張で死んだところまで。チェインパターン組めてるところは何一つ問題なく、更にエクステンドまで出来るからいいんだけどチェインパターン組んでいないところや何かの拍子でパターンが崩れた時ショットで体制を立て直すことが出来ない分死ぬほど難しいな。とりあえず「あっこれ俺には無理」と思わせるだけの力はあった。自分はショットのみのプレイの方をやらせてもらうことにしましょう。我こそはサムライ、そうサムライスピリッツだ!と自身のあるいて座(SA*)プレイヤーの方はソードのみプレイを極めてみるのもいかがなもんでしょうカ。
_____

すんません、時間切れでまた次回デス。明日健康診断があるんでこの辺で……。あとYU-NOの続きが気になるもんで……

posted by グレイ at 21:11| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

今年はグランゼーラなんもやらんのかな

4月1日と言えばこの日に命を懸けるアイレム……という印象が薄まって久しい今日この頃、グランゼーラのHPを覗きに行ったら何にもなくて大ショック。一つの時代が終わりを告げたということなのか……。
今日はどうやら嘘をついていい日みたいですがそもそもこの世の中が嘘と欺瞞に満ちていてるのに嘘ついていい日があるなんてバカみたいですよねーとかいう話を繰り広げようと思ったけれども、なんか前に同じようなこと書いた記憶があるので、止め。色々見て回っているけれどもこの日本当に恐ろしいのは嘘ネタをホントだと信じ込まれることよりも無反応なことだろうと思う。注目を集めるべく嘘をついたにも関わらず、誰からも指摘されないままその日が過ぎてしまったら……とか、そんな光景を目の当たりにすると居た堪れない気持ちになる。やっぱり4月馬鹿なんてろくでもないぜ。
そういえばこの日はダラバーACかグルコースをやりに行くのがここ数年の日課だったんだけど、なんか外寒いから止めちゃいました。スマンタイトー。出不精な俺を許してくれ。
で、全然話は変わるけどこのブログももうじき3年目に突入するみたいなんで、またデザインとかタイトルとか変わるかもしれないっす。これが嘘かどうかは……明日にでも分かると思います。正直色々弄るの面倒くさいし。でもこんな知らせも来てるんだよなー。
・【Seesaaブログ】新デザインシステムへの移行に関するお知らせ
http://info.seesaa.net/article/448576052.html
_____

4月馬鹿案件とは別件でこんな情報がタイトーから。
https://www.taito.co.jp/classics
https://www.taito.co.jp/takeshi_vr (こっちは4月馬鹿企画)

タイトーの名作が今甦る!まさかのタイムギャルの登場にスマホでゲームやる習慣が無い自分でも気まぐれで買っちゃいそうだ。というのはまあいいとして、気になるのはコレ。
RAYFORCE
今春配信予定

タイトーを代表するシューティングゲームとして、「ダライアス」と並ぶ人気を誇る「レイシリーズ」。ゲームコントローラ対応など大幅にパワーアップして登場! ZUNTATAによる新曲の追加!!

RAYSTORM
今春配信予定

レイシリーズの第二弾!一度に大量の敵を破壊できるロックオンシステムの爽快さと緻密な設定に裏打ちされた世界観により、現在でも多くの熱狂的なファンがいる作品です。大幅にパワーアップして登場! ZUNTATAによる新曲の追加!!

RAYCRISIS
今夏配信予定

レイシリーズの第三弾! 今回初のスマートフォン移植となります! 前作からの追加要素として浸食率システムなど、実験的要素が盛り込まれた意欲作! 新要素を追加して登場! ZUNTATAによる新曲の追加!!
現ZUNTATAがイカした曲作れるのは知ってるし、クオリティに関しても不安は無いんだけど、正直かなり不安だ。レイシリーズはステージ展開と音楽の兼ね合いが他のSTGとは段違いなだけに。TAMAYOさんが確立した統一感のあるRAYの世界観を壊しかねないんじゃないか?プロジェクトガンフロンティアBOXのアレンジでうーむむむと苦い顔になってしまった身としてはちょっと、ね。新曲自体は気になることは気になるが……かなり不安。TAMAYOさんが直々に関わっているのであれば拍手大喝采で涙を流すくらいだけども……
_____

遂にブレインロードをクリアしてしまった。最後のダンジョンで登場したギミックはまさかの崩れる床。このゲームはどれだけギリギリジャンプさせたいんだか……
後日談が無ければエルナードをも上回る鬱虚無ゲーとして名を馳せるかもしれなかったが、ほっとする後日談があったので問題なし。5人で旅とか和気あいあいとしてるね!後日談なければひどい鬱ゲーだと思うけど。あのスタッフロールは正直意地が悪いよ。
ゲームの感想としては、王道を謳いつつもプレイ感覚は完全に非王道、ゼルダのようなアクションRPGでありながらも謎解きの快感や難易度面でのバランスは雲泥の差(ギリギリジャンプふざけるな)、爽快感は皆無、謎解きは極悪、町は二つしかない、ボスにGがいる、なんか洋ゲーっぽい(コントローラーの操作とか)、仲間と協力するような展開こそあるものの結局一人で孤独にダンジョン攻略する羽目になる、ハッキリ言ってまともな神経してればダメゲーで放り投げられてもおかしくない。だけど、その欠点を考慮してもなおこのゲームを傑作と言わせたくなる何かがある、そんな孤高のRPGでございました。理屈で考えればもう色々とひでーゲームなんだけど俺はこのゲームを否定できない。エルナード、ミスティックアーク同様本当に楽しめたRPGだった。
このゲームの評価点を挙げるならば、そりゃあもう音楽、グラフィック、そしてそれらが織りなす空気感でしょう。これはアーク三部作っつーかエルナード、ミスティックアークにも共通することなんですけど。この空気感がとにかく素晴らしい。歩いているだけでも面白いゲームってのは得てして少ないものですけれど、このシリーズはそれを実現している。空気感の方向性が孤独とか物悲しさに特化しているんで人を滅茶苦茶選びますけど。ブレインロードは一応、エルナードやミスティックアークよりかは受け入れやすい作風になっていると思う。SFCの中でもトップクラスに良い音楽に身を委ねてドットグラフィックによる美麗なフィールドやダンジョンを当てもなく彷徨う、それだけでも心に残る何かがある。流石はプロデュースといったところだろう。いやーこれは久々にプレイして良かったRPGだな。
_____

久遠の絆も万葉さんのちゃんとしたエンディングにたどり着きましたよ!サウンドテストや久遠の記憶も解禁出来たんでこれで一応正しいルートを見れたってところかな。感想はと言うと、「まいりました」ってところかな。こうまでされちゃったらねえ……。それでも一番良かったのは栞ルートというのは変わらんけれども。
あとはおまけシナリオだけど…ま、それは後回しにしとくとしますか。極めて良く出来てると思うし、音楽は数あるノベルゲームの中でも最高峰だと思うけれども、システム周りの難に加えて転生を繰り広げて悲恋の物語を展開するのは良いけれども、同じような死に別れが多いのは多いのは何ともしがたい。幕末編の澪ルートではまた違った展開が見えかけただけに、惜しい。それでもそこらへんにあるアドベンチャーゲームと比べたら間違いなく面白く、濃密な一時を過ごすことが出来ましたとさ。
_____

ブレインロードをクリアしたので積みゲー消化に乗り出し。とりあえず宇宙レースアストロGoGoとスーパーR-TYPEをプレイしてみた。スーパーR-TYPEの方は端子が汚いのか起動までに30分近くかかっちまったが起動して良かったよ……
まずはアストロGoGoの方だけど、中身はF-ZERO+マリオカートにも関わらず独自の妙な濃さを感じるのはメルダックのなせる技か(作ったのは暴れん坊天狗チームのKAZeだけど)。遊んだ感触はかなり良し。車体コントロールにも違和感を覚えないし、すんなり馴染んで恐ろしいスピードですっ飛んでいくのはかなり面白い。レースゲームとしても中々イカしてるんじゃないかな。その一方で難易度がやけに高いのはちと疑問が。とはいえこれは慣れとアイテムの使いどころで上手いこと行くもんなのかねー。
スーパーR-TYPEの方はまあR-TYPEですよ。ドリフのタライ張りに計算されつくした敵配置と地形ギミック。複雑怪奇なステージを乗り越え攻略していく感じ。何もかも完全な純アイレム製STGと言えるところ。デフォルトの難易度のイージーが他のゲームのベリーハード並に難しいのも相変わらず。阿鼻叫喚の地獄絵図を這いずり回りどうにかこうにかリアルタイムパズルと解いていくかのような感覚。こういったパターン構築型STGは好きな方なので退屈しなそうかな。問題は処理落ちが滅茶苦茶多いことと、多いにもかかわらず難易度は下がらないことか。弾が遅いから避けられる、ということでも無くR-TYPEシリーズの殺し方って初見殺しと地形と攻撃の複合だから、結局避けれんのよね。あとは流石にⅡよりマイルドになったとはいえ最低難易度ですらくそムズイってのをどう捉えるかにもよるね。Ⅱは2面で撃沈する腕前だけど(あんましまともにやり込んでないのも関係してるけど)こっちは最低難易度で4面が限度だった。難しいもんだ。
とにかくどちらのゲームも音楽がめちゃ良いから自分にとっては良いゲームだろう。一応主軸にプレイするのはスーパーR-TYPEの方に決めたけど、ゲームをする最大のモチベーションになるのが音楽な自分としては良曲の宝庫の作品はプレイしてて楽しいね。スーパーR-TYPEも意味も無くコンテニューの曲を1ループさせてからコンテニューしちゃったりして。そんなんだから全然進んでないんだけど(コンテニューの曲は10分以上ある)。サウンドテストも完備しているからこれでいつでもどこでもSolo SortieやA Submerging Titanが聴き放題!!つーか正直デフォルトのイージーでも4面までたどり着ける気がしないからサウンドテストで満足しちゃいそうだな……
_____

せっかくだからいて座を特殊条件でプレイしてみようのコーナー。斑鳩にはドットイートプレイと言うショットを一切撃たないで攻略する病んだプレイがあるけれども、実はいて座にも存在しちゃってるんです。ショットのみでステージを攻略すると「あんたマジのシューターだぜ!」とクリア時に英語で表示されるみたいっす。ということで早速プレイしてみた。結果は2面中盤の回転ブロック地帯直前まで。意外とどうにかなるってのがすげえところだぜ。斑鳩はSTGなのにショットを撃たないとはこれ如何にということでドットイートプレイはどうもなーと思っていたけれど、こっちはちゃんと堅いもの撃ってぶっ殺してる感があるのがいいね。ソードによる「ヤバい敵(ボスとか)やヤバい部位の即破壊」が出来ない&スコア稼ぎでのエクステンドが出来ない分マジシューター力が求められるものの(マジシューター力ってなんだ…?)、こちらもパターン色が強いものなのでパターンをなぞれば生存が保証されるので案外何とかなる難易度って感じだこれはこれで結構面白いかも。
一応パターン忘れないために普通にプレイもしておく。結果は……ありゃー、4ボス2形態で死亡。なんだかなー。
_____

・2017年のエイプリルフールネタを軽く確認する
http://sinplelove.jp/blog-entry-6479.html

グランゼーラは何もなかったみたいですね……。残念。
_____

・2D版『ダークソウル』と評されるアクションRPG『ソルト アンド サンクチュアリ』Vita版の海外発売日が決定。国内でも近日配信予定
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20170325-43266/

何!?Vita版も出るとな?デモンズはゲロ酔いで死屍累々だったんだけど、こっちは酔いの心配はなさそうだし、行かせてもらうとしましょうか……

posted by グレイ at 21:39| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

ラグの名は

ネットで評判を漁ってみたところマリオスポーツスーパースターズはかなり好評みたいだ。野球部分も問題ないらしい。流石はドリルコーポレーションといったところかな。とりあえず俺もとっとと買ってくるとしよう。それにしても、第一作が野球ゲームでほっとしたよ。俺はてっきり「新ハードは地雷やで!!」とか訳の分からないことを宣いながらマインスイーパーを出してくるもんだとばかり思ってたからさ……。何気にマリオスポーツもバラエティゲーム。野球だけのゲームじゃないってところがパワポケ感あるね。
_____

メタスラ2は安定してラスボスまでたどり着けるようになってきたっぽい。ふふん。やっぱりやれば結果が出るゲームはプレイしてて楽しいな。
しかーし!ラスボスのダイマンジ&ラグネームが強すぎて無理臭を感じ始めている。今日は2回やって2回とも残機2でたどり着いたんだけど(1回目のプレイでは2面でミイラになって足を滑らして死んだ。2回目のプレイは禿親父であぼん)、どっちもダイマンジはどうにでもなるけどラグネームはどうにもならん。つーか運要素が多分に占めていて滅茶苦茶ムカつく。UFO破壊でLを取れって配慮はまあ分からんでもないよ。でもさあ、ダイマンジ戦で運がなくてLはおろかHすら出ない(そもそもUFO排出攻撃が全然来ない)ってもうおかしくねえ?ソル・デ・ロカと違って発狂黄弾出されたら負けみたいな感じじゃない分マシと言えばマシだけどこんな調整何かがおかしいよ。ダイマンジ戦でLが出るまで心臓に悪いプレイを継続しろってことかー?つーか2回やってどっちもハンドガン、ボムは1みたいな惨状でラグネーム戦に突入してるのにも問題がありそうだが……。あとラグネーム戦開幕で高台からボム投げはまるで意味ないみたいだ。これで勝ち筋が見えないまままたラグネーム戦やらなあかんのか……。正直とっととメタスラ出してもらいてえよマジで。これなら3のルーツマーズの特殊戦闘の方がよっぽど感動的だと思う。メタスラアタックが使えない→メタスラが無いとクリア出来ない→スラッグが主役っていうテーマの複合も見事だし。どうにもこうにも爪が甘いような気がしないでもないけど、ラスボスだし強くないと仕方ないもんか。何を言っても下手くその僻みにしかならない現実は悲しいもんだね。あーあ。
結局ダイマンジをパターン化してLを3つくらい取得したのを確認してからラグネーム戦に突入、という方針で攻めるべきか。正直処理落ちしててもUFOのレーザー攻撃にビビって攻撃喰らって普通に死ぬ程度の腕前だから速攻が効かないボスって嫌いなんだよな。つーかダイマンジもさっさと特殊武器を出せよ。得点アイテムなんぞ何の役にも立たねえしスコア稼ぎなんてしても面白くねえしランキングに自分の名前なんて載せたくもないからLかHをよこしなさい。

メタスラ2攻略メモ
ダイマンジの攻撃の避けパターン
・電撃
攻撃が来るときにジャンプで左右に良ければ安全。画面端でジャンプでも可
・紫弾
弾の間に入って避ける?UFOと連携すると確実にミスなのでそこをどうにかする必要アリ
・UFO
ボム投げる

攻略指針?
こちらの武装はH200とそれなりのボム。Hをとりあえず全部撃って武器を取るまで待ち(発狂するのを防ぐ)。L2つを取得したら攻撃開始、でOK?
ラグネームはL(またはH)ぶっぱしてとっととメタスラを召喚。メタスラに乗ればあとは乗り降り無敵で勝利半確定、のはず。
_____

久遠の絆も万葉さんのエンディングにたどり着いてしまいましたよ!感想はと言うと……なんかバッドエンドっぽい。万葉さんあの世へ逝っちゃったし、「久遠の絆にかけて、あいつを取り戻す!(うろ覚え)」とか何とか言ってるし。展開だけを見れば滅茶苦茶アツく、過去と現代のキャラが複雑に絡み合い全員集合していく流れは確かに「おおっ!!」と言えるものだとは思うけれども……。天野先輩の正体とかも「マジで!?」みたいな感じだったし。でも……これがメインヒロインのエンディングでいいのか?と言われると……。おそらく何らかの見落としでバッドに入ったとかだといいんだけれども。正直これだと栞さんに完敗だぜ。あっちは杵築くんも救われてるし。
それにしても、これだけ分岐も多くてルートも多岐に渡るのならシステム面とかでの補助が必要でしょう。それが無いのは如何せん何ともしがたい。風雨来記は自分で物語を紡いでいく感覚があったから別に問題は無いけど、ノベルゲーでシステム周りに問題ありってのはちょっとどうかと思うぜ?ゲームはしっかり面白いのに細かいところで気になる点が多すぎるなー。無駄に死亡エンドが多い割にはセーブは3つしかないし。面白かったからそのうち再臨詔も買ってみようと思うけどそちらではシステム周りが改善されていることを祈る。
_____

アイザックの伝説は…スランプか?大聖堂に突入するもそこからあれよあれよという間にライフを減らしそのまま死亡。情けなくて言葉も出ないが……ダイス部屋は危険、とだけ書き残しておこうか。なーんか上手いこといかんねー。
_____

・少女と小竜が広大な大空を駆け巡るSTG『ディアドラエンプティ』がPS4で発売決定
https://www.famitsu.com/news/201703/31130148.html

ドラゴン乗り込み系STGと言えばドラゴンブリードを思い出させる。なんだかんだでPS4ってSTGが集まってるなあ。いずれ買おうと思ってる身としてはめでたいことだ。これも面白そうなのでチェックしときましょう。
_____

・エクスペリエンスのXbox One用ソフト『黄泉ヲ裂ク華』の発売日が2018年夏ごろに延期へ ジャンルもダンジョンRPGに
https://www.famitsu.com/news/201703/31130146.html

むしろDRPGじゃなかったのか…?じっくり作り込んだ方が面白くなる…というもんなのかね。むしろ色々手を広げ過ぎて(例:死印とか)開発が追い付いてないって印象も受けるといえば受けるか。面白いことは多分保証されてるだけに頑張ってもらいたいもんだが。うーむ。むむむ。
_____

・横スクロールSTG『Gundemonium Re:Collection』に新要素を加えた『GUNDEMONIUMS』がPS4&PS Vitaで登場
https://www.famitsu.com/news/201703/31130139.html

あーっ!!チェルのブ作ったところの作品じゃないか!!こりゃ面白いことは確定だな。しかもSTG!これはもう買うしかないわめって話だな。問題があるとすればチェルのブが裸足で逃げたくなるほど難しいゲームだったってことだが……。後は横で弾幕ってのもちと不安と言えば不安だが、プロギアの嵐やデススマイルズのように横弾幕でも面白いSTGはあった。今作も多分大丈夫だろう。
全然関係ないけどダイシングナイトも何らかの形でプレイ出来るようにならんもんかね。
_____

・連続殺人鬼から子どもを救え! ステルスホラーADV『2Dark』の発売が決定!!
https://www.famitsu.com/news/201703/31130124.html

ずいぶん強気な値段だがそれに見合う内容のものを引っ張ってきたって感じなのかな。ホラーで脱力ローカライズかますとは考えにくいが…インターグローだしどうなんだろう。
_____

・ミステリーアドベンチャー『√Letter ルートレター』がDMM.comにて配信開始!
https://www.famitsu.com/news/201703/31130118.html

この作品ってWin版出せるほど評判良かったっけ…?値段は相応って感じだが……。バカゲーとしては面白いらしいけど、どうなんでしょう……

posted by グレイ at 20:09| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

【緊急速報】ドリルコーポレーション新作はマリオスポーツ スーパースターズ!!

緊急速報だ!つーか正直遅報気味だけどとりあえず聞いてくれ!みんなもご存知の通り日本が誇る究極にして唯一無二の野球バラエティゲーム「パワプロクンポケット」シリーズの制作を担当し、その後ドリルコーポレーションとしてスタートを切った株式会社ドリルがなんとあのマリオスポーツに関わっているとのことだ!スタンプの配信でもねーかなーと公式サイトを冷やかしにいったらとんでもない情報が出てきたぜ!

http://www.drill-co.jp/performance.html

正直あんま買うつもり無かったけどドリルコーポレーションが関わってて、しかもゲーム(更に野球!)だというのだからこれはもう買うしかないだろう!しかもLINEスタンプも新作(名探偵クン)が配信中!今後もドリルコーポレーションの活躍から目が離せないッ!!!!!!


とは言ったもののこれで野球部分の出来がパワポケ7みたいな感じだったら嫌だな。俺は7から入ったから異次元野球も慣れてるしそれもまた味だと思ってるけど(現に一番好きなの7だし)、これでマリオスポーツ スーパースターズの収録ゲームの中で野球だけなんかアレだぜとか言われてたりしたら……。まあ不安がっても仕方ないが。つーかDSの10~14では携帯機野球ゲームの最高峰レベルの完成度を見せつけてるし、たぶん大丈夫。無問題。
とりあえず金がたまり次第すぐに購入してこようっと。久々にテンションの上がる知らせを聞いた感じだ。
posted by グレイ at 12:32| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

チャンス×打たれ弱い

遂にメタルスラッグ2でラスボスまでたどり着いてしまった。更についでに言うならダイマンジ(ラスボスの前座ね)撃破までノーミスだった。すなわち大問題と化していたアレン軍曹戦も男の中の男しか渡ることを許されない男橋も絶望感満載の火星人ラッシュも最終面開幕のイカミサイルも5面のジィ・コッカ地帯も3面後半の息が切れそうなほどの緊張感が包み込むライフル兵地帯も全てミスなく突破したということになる。すげー(自画自賛)。とても今日一回目のプレイでは最終面開幕で足を滑らして死亡、男橋を渡り切る箇所でちょうど窪んだ部分に挟まりそのままなすすべなく死に、アレン軍曹戦はどうにか突破したもののその後例によってSを取った後の動きが安定しなくて死んだとは思えんな。これで少なくとも自分のような反射神経が人より劣りグズでボンクラなゲーオタでもメタルスラッグ2は3同様ちゃんとやれば結果が出るということが自らの手で仮証明できたわけだ。良いゲームだぜ。
で、まあクリア出来たと有頂天になって書き込んでいないことからもクリア出来ずラグネームに大敗したことが分かるわけだけれども。いやー、どうもねーダイマンジ戦で稼いでおかないと勝てないのかねー。なんか錯乱しながら戦っていたんだけど、ダイマンジ撃破時にハンドガン&ボム16個っつーのは流石に無謀とも言えるか。一応3での戦闘経験こそあったもののあれはアストロスラッグでの即ぶち殺しでしか勝ったことが無いからまともな戦闘経験は無いしねー。どうもねー。メタスラ登場後は鬼避けで雑魚に成り果てるといえば聞こえはいいもののそこまで削らないといけないということはすっかり頭から抜け落ちていたようだ。あとは、戦闘開始時のポジション取りもよく分からんまま戦ったのが敗因か。黒UFO相手にハンドガン一丁でのんきに上撃ちで対処しようとしているのは流石にマズイと思う。かといって下からボム投げは当たらんしレーザー避けれんし。階段上ったところでボム投げしながら戦うのが吉か?明日(たどり着けたら)試してみよう。つーかダイマンジ戦でLをかき集めてから戦えばこんなことにはならなかった気もしないでもないけどね。正直戦う前に前提条件が絡むボスは好きじゃない。

以下私的メモと気になること
・Sは罠?
最終面の火星人ラッシュ地帯で救済措置として登場するSは罠アイテムじゃないかと思った。2つ補給されることから「これはどう考えてもボロボロになりながらたどり着いた人への救済措置に違いない」と思い込んでいたけど、今回Sを取らずに進めたらこれまで死にそうな思いをして実際に死んでいた箇所をいとも簡単に突破することが出来た。
Sの役割としては超火力とまとめてぶっ飛ばすことの出来る豪快な性能でガンガン進むことなんだろうけど、火星人と相性が良いかと言われるとかなり疑問が湧きあがる。これが戦車なり耐久力の高い敵なら違和感はないけれど、火星人自体そこまで耐久が高いわけでも無くハンドガンを遠距離からバンバン放つだけであっさり対処できる。それ以上に、火星人が放つミサイルに対して連射性能がそんな良くないSは対処しにくいんじゃないかと思う。というか、これまでの死亡原因の大半がS撃ってたらミサイル処理し損ねて死亡だからねえ……
じゃあなぜSが配置されたのか、ということにもつながるんだけど……なんでだろ。もしかすると自分が大の近接アクション苦手が影響しているのか?ハンドガンに比べてSは射程が短いし。近接アクションに過剰な苦手意識を持っていない場合はSを上手いこと使えるってわけなのかな。
あるいは、他に配置する武器が無かったから(下手にLやHを置くとゲームが簡単になるし)、ホントに罠アイテムとして設置した(3のゾンビ脱出地帯のDみたいに)か(3のあのDの配置はスラグノイドも大破しレベルアーマーもぶち壊されどうすることも出来ない場合の救世主として地形を上手く使って脳味噌メカをぶち殺せる意味があったから罠とは思っても無いけども)。しかし、ならなぜ2個置くよ?謎は尽きない。普通の人は上手く使いこなせるんだろうか。こういうときに接近戦アクションが壊滅的に下手だと困るなー。
・5面6面は裏テクや救済措置に気付けるかが勝負?
3はルーツマーズやジュピターキングみたいに乗り降り無敵っていう裏テクニックを前提とした攻撃が目立つバランス調整になっていて、それはまあ4作目だし裏テク使わせるバランスでもいいかーとは思ったけれども、2作目でこういったバランスってどないなもんでしょう。でもアーケードゲームだしなあ。隠し捕虜によるボム供給はともかく6面の開幕の無敵時間を利用せよは心底意地が悪いと思うけど。
・メタスラ2は難しい?
少なくとも難しくはない……と思う。その場対応能力が3よりも要求される分下手くそにはとことん厳しいけれども(逆に3はパターン構築能力が必要になるのでハードルが高い)、アクションゲームの中でも類を見ないほど段階的な難易度の上げ方に成功して、かつゲームのテーマやコンセプトを自然に理解できる作りになっているのは脱帽ものだろう(スラッグ配置は3より優秀だと思う)。処理落ちのせいで常にもっさりしているのは何ともしがたいが、それゆえ結構アレなその場対応能力でも何とかなる敷居の低さがあるし、破壊の重厚感の演出に一役買っている。

んあー、ネオジオCD版でも買おうかなー(唐突過ぎ
つーかネオジオCD版メタスラ2ってめちゃ高騰してますな……。唯一のコンバットスクール対応で処理落ちの箇所も大体同じ(かどうかは分からんがスペック的には同じだと思う……)ということが原因なのだろうか。
_____

メタスラ3復帰戦は大惨事で終わってしまったがそれじゃあいかんと気合を入れ直し再プレイ。1~4面まではどうということは…あった。4面で食人植物の胞子が直撃しまさかのモルボフ状態に。これでやる気が大減少。しかしソル・デ・ロカでとちって赤弾の時に発狂させるもそこから狼ばっかだったのであっさり勝利。やる気復活で5面へ。機銃戦も難なく突破。
んが!火星人基地でまたも開幕脳味噌メカの処理に戸惑いFを持ったまま撃沈。一体何故出来たことが出来なくなるのか……。もう後が無くなった最後の一機。気合でどうにか自爆メカ地帯を突破し、前回沈没したシャッターをこじ開けフェイクマーズ戦へ。難なく勝利しクローン培養槽も苦なく突破。これであとはゾンビ脱出パートを越えるだけ。のはずが!Fを取得しようと企んだ際左端に今にも血ゲロを吐かんとするゾンビの姿が!……そうして、メタスラ3の闘いは幕を閉じた。うーむ、久々にここまで来たせいで左にゾンビがいるときの対策を忘れているとは……
_____

アイザックの伝説、アイザックを撃破しにとっととプレイ…と思いきや、変なミスを連発し子宮で死亡。どうにもこうにも、慣れてきたと思ったらこれだよ。うーむ。むむむむむ。あーあとショップに募金をしようと思いそれを優先してプレイしているからか。どーしたらいーんでしょうねー。
_____

・Polybius ヨーロッパ配信日決定!4月28日!
https://fuwafuwax.wordpress.com/2017/03/27/polybius-%e3%83%a8%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%91%e9%85%8d%e4%bf%a1%e6%97%a5%e6%b1%ba%e5%ae%9a%ef%bc%814%e6%9c%8828%e6%97%a5%ef%bc%81/

遂に来たぜVRの命運を分ける究極にして極限のソフトの存在が(かなり誇張気味)!
PSVRでは120fps対応、テレビでも4K解像度対応!全50面の前人未到の超高速トランスシューティングゲーム!(残念ながら日本での配信は未定…ローカライズ配信に興味がある会社の方がもしいればラマソフトにコンタクトを…)
ですよねー。それはそうと、ヨーロッパっつーことは北米アカウントではどうにもならんのか?いやまあまだPS4もVRも持ってないから何の意味も無いんだけど。つーか買ったまま放置状態のTxKどうしよう……。もう一台Vitaがあれば……
_____

・ペルソナ5がメタスコア94点スタート!タイタンフォール2の廉価版が早くも登場!他ゲーム情報色々
http://kentworld-blog.com/archives/p5-taitan2.html

PS4「ハコニワカンパニワークス」が発表!

日本一ソフトウェアが新作ソフトを発表!クラフト要素のあるシミュレーションRPGになるそうです。発売日は7月13日で、価格は7,538円(税込)。
こりゃあ高いよ日本一。しかも声優に興味がまるで無い自分からすればなおさらだ。これはどうも……。古谷D作品では買おう!と思わせる値段設定が上手かったのにどうしてこんな価格に。もしかして値段に合うだけの内容なんだろうか。
_____

・『PSVITAで発売された『サガスカーレットグレイス』の河津氏が始動したらしいというツイート記事』が掲載中。
http://gamecolumn.blog17.fc2.com/blog-entry-48696.html

ただ単にロマサガ3の舞台じゃね?とも思ったが……あんま関係ないかな。新作…あるといいけどねえ。
_____

そいや、スイッチの聖剣コレクションはM2担当らしいですわね。安心と信頼のM2。これで出来に関しては問題なしと言えるでしょう。むしろバグまでも実装してバグをオンオフ出来たり……というかそもそも致命傷のバグがあること自体がおかしな話でもあるけど。ま、ROM持ってる身からするとちょいと悩ましいけれども、持ち運んでプレイ出来るしM2だしなあ。

posted by グレイ at 20:43| Comment(0) | 雑記 | 更新情報をチェックする